こんにちは。
岐阜県全域と愛知県北部で分譲住宅や、自由設計の住宅を販売している伊田屋です。

前回は、ダブル断熱の基本的な情報や、そのメリットなどについてお届けしましたが、今回は弊社のダブル断熱で採用している断熱材についてご案内します。

■外側で使われるネオマフォーム

外断熱で用いるのは、旭化成の断熱材ネオマフォームです。

「フェノール樹脂」という、世界ではじめて人工的に合成されたプラスチックを用いており、一般的なプラスチックは熱で溶ける中、フェノール樹脂は熱に強く熱で固まる特性を生かしています。

ネオマフォームは、断熱性の高いガスで発砲させ、その気泡を閉じ込めることで、高い性能を発揮します。その気泡は、髪の毛の太さほどの大きさであり、気泡が小さければ小さいほど、熱が伝わりにくくなるのです。



■内側にはアクアフォームを採用

内断熱には、日本アクアのアクアフォームを用いています。
アクアフォームは、温室効果の大きいフロンガスを使わず、水を使って発砲させる画期的な断熱材です。
水を含むポリオールとイソシアネートを混合・発砲させると発生する、炭酸ガスを発泡剤として使用。人と地球にやさしい資材です。

住宅に直接吹き付け発砲させるため隙間なく施工でき、超微細な気泡の中に空気を含んでいるため、高い断熱性を発揮します。

伊田屋では、
・屋根部分は外断熱構造
・屋根断熱と壁断熱の継ぎ目断裂防止
・外断熱と内断熱の、両方の利点だけを取り入れたダブル断熱構造
・コンクリート基礎の外周及び、その内側に新熱材を施し、大地の地熱を利用した断熱システム
といった、自社ならではの工法を採用し、唯一無二の断熱性の高い住宅をご提供しています。

弊社のダブル断熱住宅は、実際にモデルハウスでご確認いただけます。
皆様のご来場をお待ちしております♪