皆様、お久しぶりです。

的場です、いえ「ごう」ですと言うべきでしょうか?



僕がJCを始めた時は21か22歳の時に参加したのが初めてで

今では我が人生の40%の年数をJC生活送れてると感じています。

学生から直ぐにJCに入ったので、情けない話ですが・・・伊丹JCが世間で言われてる「社会」という形で参加してます。

ぇ━(*´・д・)━!!!

伊丹JCに入って色々な人と出逢いました。有名人や著名人や士業や議員さんまで。それもその人達と同じ目的に向かって協力し、時には意見をぶつけ合って事業を構築させ発信をするなんて・・・他にこの様な団体があるのでしょうか!?ヾノ´゚д゚`)ナイナイ

家族に言われた入る前からの変化として

「漠然とした理想論では無く、物事の道理や達成する為の手段や方法を明確化して責任を持つようになった。」

と評価されます。

やはりこれには委員会でメンバー同士のやり取りがあり、理事会を経験しているからだと感じます。

今の僕があるのは伊丹JCがあったからだと非常に感謝しています。

仕事は飲食接客業ですが、お客さんと会話するのに緊張することも無く、しかもJC生活で経験した事をお話しすると夜が老けてしまう事もしばしばw伊丹JCが無かった時の姿なんて考えれません!
伝えたい事は山ほどありますが、最後に一言。

『 JC卒業した者に悪い時間と経験だったと言う人はいない。やらずに後悔するならやって後悔するべきだ。それも全力で。』