ども!

 

へたれ店長のTです!

 

 

最近は飲み会続きで体重が気になってきましたあせる

ロングライドが気持ちの良い季節なのでダイエットライドでもしたいですね~

 

 

 

さて!今日は当店でも特別存在感の強いブランド「Wilier」からこんな自転車を紹介させていただきます!

 

2019 Wilier Cento 10 Elite(チェントディエチ・エリート)ULTEGRA完成車

http://itami-kanzaki.com/products/detail.php?product_id=1699

 

Wilierといえば1906年に前身のスチールホースというイタリアの工房で始まったブランドです。

「長生き」や「万歳」を意味する"Viva"という単語は、文字として書かれる際に"W"と略されることが多く、"Wilier"は、“ Viva(=VV=W) l'Italia Libera e redenta”というイタリア語の頭文字に由来し、「イタリアの自由と繁栄よ、永遠なれ!」という意味が込められています。

 

そんな100年以上の歴史を誇るWilierはツールやジロでも毎年大活躍しています。

ワールドクラスの選手の意見を取り入れつつ造られている熱いブランドなのです!

 

ハンドルは「アラバルダ」ハンドル標準装備。最近流行りの一体型ハンドルです。

形状は主流のコンパクト形状。トガッたパーツですがものすごく使いやすいです。

とにかく剛性が高く込めた力をロスなく推進力に変えます。

また、ハンドルのしなりが少ないことによってクセが無くなり扱いやすくなります。

シフトワイヤーがハンドル内蔵なのでハンドル周りは非常にすっきりしていますねキラキラ

 

正面から見るとかなりエアロ形状。前面投影面積はかなり少なさそう。

コンポはフルでアルテグラです。カラーもよく合ってます。

ボリュームのあるダウンチューブ~BB周り。

流れるようなラインが綺麗です。

各ホイールとフレームとのクリアランスがかなり詰められています。空力性能を求めた結果です。

私はこういうギリギリ攻めた系のフレーム大好きです。

リア三角はエアロロードらしくやや小さめ。こうすることによってたわみ量を抑えて反応性を向上できるのだとか。

接合部周りもボリュームがあり強そうです。

 

エアロロードとはいうものの全体的にチェント・ウノほどのボリュームは無く、軽量性にも振られています。

なので瞬発力と巡航性を重視したオールラウンドフレームといえます。

 

以前試乗したのですが、乗り味は適度に硬く振動はそれなりに伝えてくるタイプです。

意外ですが乗り心地だけならチェントウノのほうがマイルドです。

 

シッティングでクルクルとペダルを回すとスパスパ小気味良く進む感でクセは全く感じませんでした。

そして瞬発力は超強烈!腰を上げて強く踏み込むと驚くほどの加速感。

前にグイっと引っ張られるような強烈な加速感はなかなか味わえないものでしたラブ

 

こんな感じで使いこなすには少し脚力を要するかもしれませんが、

このクラスのフレームにしてはクセが無くどなたでも扱いやすい部類だと思います。

 

20年モデル継続のモデルなのでお探しの方はこちらが断然オススメです!!

 

価格はラスト1台の超特価!!

 

523,800363,000円

Mサイズが1台限り!!早い者勝ちです!!

 

そんなWilier Cento 10 Elite(チェントディエチ・エリート)ULTEGRA完成車ですが当店にて展示中!

是非見に来てくださいねウインク

http://itami-kanzaki.com/products/detail.php?product_id=1696

 

 

 

ではでは!

 

 

 

フォローお願い致します!!

 

Twitter

Facebook

 

 

フォローしてね