ども!

 

へたれ店長のTです!

 

ここ最近は練習スイッチが切れてなく、調子も上がって来ました!

この調子で練習していれば7月のレースもそこそこ戦えるかも...?

 

そういえば昨日は夜練で五月山を登り箕面駅側に下ったのですが、帰りに箕面の滝に寄り道しました。

今の時期はホタルがたくさん飛んでいて何とも綺麗ですねラブ

 

 

 

ということで!今日は当店にあるお得なエアロロードのご紹介をさせていただきます!

 

 

MERIDA(メリダ)は1972年に創業した台湾ブランド
現在でも台湾の中でトップの技術力を持つ工場を持っており、某アメリカブランドのOEM先であることでも有名です

開発、設計はその分野が得意なドイツにて、ドイツのエンジニア達が手掛けています
MEIRDAはツールドフランスやジロデイタリアなどの大規模なレースでも大きな成績を挙げている強力なチームにもサポートしています
日本人最強のロードレーサー・新城選手もバーレーンメリダチームで世界と戦っております

そんなチームからの意見、要望を取り入れながら開発し、最高の性能を誇るブランドです

 

 

当店では今18年モデルMERIDAのクリアランスセールを開催しているのですが!

エアロロードのREACTOシリーズもお得になっております!

今回はコスパモデルの4000番をご紹介!!

2018 REACTO 4000

http://itami-kanzaki.com/products/detail.php?product_id=1173

 

4000シリーズはフルカーボンCF2フレームにメインで105コンポを使用しているグレードです。

CF4に比べ重量は増えますが乗り味はよりやさしい味付けになっており、万人受けするのはこちらだと思います。

 

メインは105なのですがクランクは社外のものを使いコストダウンが計られています。

ブレーキは105が付いています。

コストは下げつつ、性能は充分です。

乱流を抑えるためにリアブレーキはシート下ではなくBB下に取り付けられています。

整備性はシート側にあるものと比べるとやややりにくいのですが、慣れの問題です。

最近のものはどんどん触りやすくなっています。

横から見るとボリュームのあるフレームなのですが上からや正面から見るとかなり薄いです!

空気をズバズバ切り裂きそうな形状キラキラ

純正ホイールもセミエアロなものを使用してくれています。

シート周りの造形。整流効果と剛性を両立させた構造。

シートステーはダウンチューブ下からオフセットしつつ伸びています。

剛性は上げつつも路面追従性は向上させられるのだそう。

実際乗ってみてもエアロロードとは思えないほどコンフォートな乗り味ですよラブ

へたれ店長はシートチューブのえぐれフェチ。

このバイクも良いえぐれっぷりですラブ

 

フロントフォーク。

O型の薄型フォーク。こちらも剛性と整流効果を向上させる為の造形。

 

バーレーンチームカラーも!

 

在庫は2カラーとも全サイズございます!!!

価格は268,920円→10万円台前半とこのクラスでは圧倒的な価格になっております!!キョロキョロ

クランクを105でそろえてもプラス1.5万円ほどで合計価格は10万円台半ばに収まります。

やはりコスパは最強です!

 

エアロロードをお探しの方は是非ご検討ください!!

http://itami-kanzaki.com/products/detail.php?product_id=1173

 

 

ではでは!

 

 

フォローお願い致します!!

 

Twitter

Facebook

 

 

フォローしてね