今シーズンの生観戦で初めての敗戦。
先週末からの疲労、早朝出発の出張という中でのこの結果。
キツイっす。

試合の方は何とか間に合い、座席を決められないうちに
ベルマーレビックウェーブを歌いました。

久々のゴール真後ろからの観戦。平塚では横からというかコーナー
付近から観ているので、全く別の視界。
サイドチェンジとか、クロスの軌道はよくわかるけど、縦パス
の精度とかすごくわかりにくい。

さて肝心の試合内容はというと。
前半は両チームともとても静かな流れ。
ヴェルディというチームは時代が変わっても、メンバーが
変わってもとにかく中盤でボールを繋いでくるチーム。
ただそこから先の仕掛けが、大黒の飛び出しか、レアンドロの
ドリブル突破しか形がないので対応しやすい。

ではベルマーレはといえば、ここ最近ではないくらいアジエル
にプレスがかかるので、前へのスピードアップがない。
加えて休養明け元気モリモリのハズの坂本のフリーランがないため
沈滞ムード。アジ-坂本ラインよりも、アジ-寺川のパス交換が
多く感じた...ということはサイドが変えることすらも
少なかったということか。

まぁ両チームとも日曜に激戦を戦った後なので省エネなのかなぁ
と思ってました。


後半開始しても大勢は変わらず。
そんな中、先に動いたのは湘南。「仕掛けた」というより動きが
乏しい中村を仕方なく変えた感じ。中村は馬入日記等でもよく
「守備が課題」と言っているが、良い日と駄目な日の差が大きい
のも課題だと思う。まぁこれだけ試合に出続けることが初めて
だろうから、こういう課題を順次克服していってもらいたい。

さて失点シーンは、前節札幌がうちに対して起こしたミスと
似たような形。札幌戦では解説の三浦氏が「きちんと前に弾けて
ないですねぇ」と言っていたが、同じように中途半端なクリアが
続いたところをミドルでズドン。比較的宇宙開発が多かった
相手もミドルもこの時だけは精度が良かった。相手を
ほめるべきかな...あまりにフリーだったとも言えるが。

ところがこの後、湘南にいきなりスイッチが入ってカウンター
からの同点劇。ノブのクロスを幸平がダイレクトボレー、
そして中央で阿部ちゃんが押し込む。
この得点はゴール裏から見れてとても良かった。
首位チームの面目躍如というか、意地を見せてもらった感じ。

ただ今日の湘南はここまで。同点の勢いから追加点を奪うことは
できず。むしろ運動量の低下が顕著。
湘南最後の切り札猪狩はいつ登場するか、すべてはこのタイミング
を監督がどう考えたかなんだが....先に失点。

しかしこのコーナーからの失点シーン。反対サイドだったので
奥行きの遠近感がわかりにくかったわけだが、何か余裕で
クリアできそうなのか?それともラインを割りそうなのか?
という風に見えるくらい、湘南の選手は足が止まっていた。
自分の周囲の観戦者からも最初にヘディングされたあたりで
悲鳴のようなものはあがらず、あれっ入っちゃったの?
って感じだった。

その後は大きな見せ場もなく、ジエンド。
下位に苦しむチームだと、後半終了間際にパスミス等で
チャンスをくれたりするけどヴェルディってそういう所は
基礎がしっかりしている選手が多いのでやらかさないんだよなぁ。

全体的な印象としてはヴェルディの方がボールにしっかり
プレスにいく意志が明確だった。そして運動量も確実にあった。
もともと技術が高い選手が多い相手に対して、運動量で負けて
いては勝てるハズがありません。
そしてミスをした方が負けます。

現在の4強の中で、今夜は一人負け...
お尻に火がつきましたぞ。


以下雑感。

田原選手
以前に比べれば、足もとのプレーに粘りとキレが出てきて
チャンスを演出するシーンが増えたが、どうもハイボールの競り合い
に勝てないシーンが多いような。背が高いのでヘッドは当然武器と
誰しも考えるけど、胸より下のが得意なのであれば、味方にそういう
要求をしてもよいのでは。

ジャーン選手
最後のイエローは余計です。ちょっと意図がわからない。

自分
国立で自分が応援しているクラブチームが勝ったのを観たことが
ありません。(日本代表除く)すいません...疫病神でした?


いたろヽ(゚◇゚ )ノ


にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへ
にほんブログ村