若者はクルマ離れしていない | Italiaspeedのロックな毎日

若者はクルマ離れしていない

 ということで、ソニー損保が行う新成人に対してのカーライフ意識調査が
 発表になりました。


 ソニー損保、「2014年 新成人のカーライフ意識調査」
 http://from.sonysonpo.co.jp/topics/pr/2014/01/20140109_01.html


 詳しくは上記をご覧いただきたいのですが、これを観ても若者のクルマ離れ
 というか、ほんとは欲しいけど買えない、といったところが本音のようです。

 上記記事内にも書かれていますが、

 全回答者に対し車に関する意識について聞いたところ、《車に乗る必要性を
 感じない》では『あてはまる』は3割未満(28.6%)、『あてはまらない』が5割(51.7%)
 となり、“車は必要である”と考える新成人が多数派となりました。一方、
 《車を所有する経済的な余裕がない》では6割半(66.9%)が『あてはまる』と回答
 しています。“車は必要だと感じるが持つ余裕がない”状況のようです

 とのこと。やはり経済的理由が大きいですね。それは都市部ほど顕著なようです。

 まぁ、都市部ほど維持費は大変ですし、しょうがないですかねぇ。
 各項目観ても、地方の若者のほうがクルマに対する意識は高いようです。
 地方ではクルマがないと生活できないだけに、生活により密着した道具として
 身近に捉えられているからですかね。

 自動車を開発したら若者向けのクルマを作ってくれそうな会社では、
 アップルが1位、グーグルが2位、ソニーが3位、となっています。
 グーグルはほんとにクルマ作りそうですし、あながち実現しちゃう話かも
 しれませんね。自動車メーカーはこういった会社とも競合してかなければ
 ならないのは大変ですなぁ。

 さらに面白いのは、軽自動車でのデートはアリかナシかについて、
 アリと答えた女性が6割以上もいます。これの都市部と地方の違いを見たい
 ところですが、軽でデートもアリなんですね。移動できる空間があれば、
 何でもOKということなんでしょうか。軽が売れてるので必然的にそうなっていく
 ということもあるかもしれません。

 さらにさらに面白いのが、購入するならどんなクルマが欲しいかについて、
 女性の回答が、キューブ1位、マーチ2位、モコ3位、ノート4位、と日産勢が
 4位までを独占しています。この理由は何なんですかねぇ。男女合わせて
 日産車の人気が高いです。販売台数と連動していないのが残念ですw。

nissan-cube


 
ということで、クルマに対する興味度が下がってる結果も出てますが、
 それでもまだまだ若者もクルマは欲しいと思ってるので、ここはアベノミクスで
 何とかしてもらう、という安易な話ではないにしろ、もっと購入喚起ができる
 クルマが出てくるといいですなぁ。試乗したスズキ・ハスラー なんてそんな1台
 になってると思いますけどね。日本国内では軽が若者の救世主ですかねぇ。
 キューブが女性人気1位なら、日産もなんとかしていただきたいもんですな。

 今後出てくるクルマに期待したいっすね。




★★-----------------------------------★★


    緑の道プロジェクト やってます!

   あなたの感動した場所を教えてください。

  是非Facebookページ登録してくださいね!


  http://www.facebook.com/midorinomichi


★★-----------------------------------★★




 よろしければ、ポチッとしてくださいね。

     ↓
にほんブログ村 車ブログ フィアットへ



 mixiやtwitter、Facebookへイイネ!してくださいね。

        ↓  ↓  ↓