片町線(学研都市線)京田辺駅での分割・併結作業をコンパクトデジカメで撮影 | 鉄道写真とデジタルカメラ(コンパクト・一眼レフ・ミラーレス)の「勝手にひとりごと」

鉄道写真とデジタルカメラ(コンパクト・一眼レフ・ミラーレス)の「勝手にひとりごと」

主にコンパクトデジカメ(コンデジ)でデジカメ鉄道写真研究家である板井岳太(イタイ_タケタ)が撮影(一眼レフ・ミラーレスも使用)した鉄道写真について好き勝手に「ひとりごと」を言っています。


テーマ:

207系分割併結01


京田辺駅1番線に木津行き快速が入線してきました。なお、片町線(学研都市線)のこの区間は単線ため、分割・併結と同時に上下列車の入れ替えも行われます。そのため、隣の2番線には宝塚行き快速の大阪側3両が停車しており、同志社前始発の4両編成と連結作業を行なっています。


207系分割併結02


木津行きの4両編成が発車していきます。


207系分割併結03


ホームに残った3両編成の表示は宝塚行きに変更になっており、乗車することができます。この状態で約12分間待機したままとなります。


207系分割併結04


木津始発の快速が京田辺駅1番線に入線してきました。そのまま扉を開けずに連結を完了させてから、扉を開けます。


207系分割併結05


7両になって京田辺駅を発車して行きます。


207系分割併結06


大阪方面行きの快速が1番線を発車した後には、隣の2番線で分割作業をしていた3両編成がそのまま残ったままになります。この2番線の車両は同志社前行きとして到着したもので、約12分後には同志社前で折り返してきた4両編成と連結します。よって同志社前折返しの快速は結局同じ4両と3両の組み合わせとなります。


(撮影日:2009年12月23日)

Photo and Write by Itai Taketa (板井岳太):デジカメ写真研究家


鉄道写真とコンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフカメラの「勝手に鉄道写真館」(by デジカメ写真研究家)トップページへ戻る

板井岳太(デジカメ鉄道写真研究家)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ