仕事を辞めるということ | 栃木のいすず期間工

栃木のいすず期間工

栃木工場のいすず期間工報告


テーマ:
なぜこんなタイトルなのかというと・・・


私が教育していた新人が辞めてしまったからです。


辞めるのは本人の自由ですし、それをこちらの都合で止める権利は無いでしょう。


ただ、教える側の本音を言わせてもらえば・・・


「こんなに苦労して教えてたのに」


この一言に尽きます。


何にでもそうですが教えるというのは非常に難しいこと。




どうやったら本人に上手く伝えられるか?


仕事に責任を持ってもらうためにどうやって向上心を促してあげるか?


疲れてきたから少し負担を減らして休ませてあげよう。



新人側はそう思わないかもしれませんが、教育側はいろいろ考えてるんですよね。


それに仕事に慣れてないわけですから、いくらフォローすると言っても少なからず周りにも迷惑かけてます。


それは新人もわかっていることなんですが、それ以上に教育者は責任を感じています。


その心労というのは決して軽いものではありません。


こうまでして教えているわけですが、その新人の辞めた理由というのが・・・


「きついので辞めます」


・・・。


たしかにこの仕事はきつい。


それは否定しませんし、同感です。


しかし、入社して2週間経っているわけですし、新人なりに仕事はこなしていました。


あとは仕事をコツコツと覚える段階に入っていたわけです。


この仕事がきついのは3日もあれば理解できることだったのに・・・





現に私は3日目で辞めようと思ってましたよw


私は文系の人間なので、こういう肉体労働系はめっきり駄目なんですよね。


家族のみならず、周りの人も心配してました。


なのにもかかわらず、なぜ辞めなかったか?


それは辛抱したからです。


向いてないのもわかってましたし、きついというのも覚悟してました。


体が動けて、工具を使えて、何とか倒れず、遅く作業している。


(普通の人以上に覚えるのが遅い上に、簡単なことが出来ないばかりか、ミス連発な私でしたが・・・)


それだけ出来ていれば、あとは辛抱して続けるだけなのです。


これはどの仕事にも共通して言えること。


たまに「ここの仕事には本気出さないけど、次の仕事は好きなことだから真剣にやっていく」みたいなことを言っている人がいます。


100%とは言いませんが、ほとんどこういうことを言っている人たちは次の仕事でも同じ過ちを繰り返し、本気を出すまでもなく辞めていきます。


それはそうです。


好きな仕事でも辛いことはかならずあるからです。


それを乗り越える精神力を持たず、常に問題から逃げてきた人が出来るわけがない。




話がズレてきそうなのであまり長く書くのは辞めておきましょう。




ここの仕事は1週間もあれば内容や雰囲気を理解することが可能です。


ですから、向いてないというふうに判断したのであれば1週間以内に辞めましょう。


しかし、1週間以上続いているのであれば、十分に素質はある。


あとは辛抱出来るか出来ないかにかかっています。


ここで辛抱する精神力を養うことが出来れば、次の仕事場でも活かせることでしょう。




~ 新人の皆さんへ ~


ミスを犯してしまったり、ちょっとしたケガをして痛みに耐えられなかったり、同期入社した人が辞めたりしてテンションが落ちることがあることでしょう。


だからといって安易に辞めようとしないでください。


辞めようと思ったら1日置いて考えてみましょう。


そして「ここで辞めたら次の職場でも同じことを繰り返す」と自分を律してください。


そうやって問題を乗り越えていきましょう。


ここで辛抱出来れば、本当にやっていきたい仕事が見つかったときに役に立つことを保障します。





以前はこのようなオフィスで働いていました。


やりたい仕事とは言えませんでしたが、それなりに充実。


ノンキャリアで優秀とは程遠い私でしたが、何とか頑張って運よくサラリーマンやってたんですよね。


しかし、ちょっとしたことで辞めてしまいました。


本来であれば乗り越えなければいけないことですし、誰もがそれを経験して働いていたのに。


本当に勿体無いことをしたと思います。


まぁ、これがいい薬になって今があるわけですが。


ですので、安易に辞めるということは今ではないですね。


逆にこれがやりたいと思って辞めることが多いので困ったもんですがw


今も、とある目的のために一時的にここで働かせてもらっています。




好きでここで働いている人もいれば、何となく働いている人もいると思います。


両者共に仕事をやっていればいろいろありますよね。


でも、辛抱して仕事を続けてくださいね。


そうすれば自分を成長させることが可能ですし、やりたいことが見つかることでしょう。




ただ、我慢はしないでくださいね。


我慢と辛抱は同じようで違いますから。


我慢するようであれば、仕事から距離を置くことが一番大事だったり・・・


そういう状況になった場合は他人から見ても明らかなので、心配され始めて声をかけられたら無理せずに休職など相談をしてください。




うん、やはりこういう話は難しいね。


疲れちゃうよw


今日はせっかくのお休みなので、どこかでかけようかな(*^▽^*)


ではでは、みなさんいい休日を。

elf(えるふ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス