配属工程決定の条件を考えてみる。 | 栃木のいすず期間工

栃木のいすず期間工

栃木工場のいすず期間工報告


テーマ:
とりあえず簡単に4つ挙げてみました。


①前職


②体力


③体型


④性格


これらを鑑みて人事のほうで前もって内定時に配属工場と配属課は決定されていた模様です。


そしていざ入社日に行くと配属される工程は全く決まってないという状況。


入社から3日目。


これからまもなく配属チームに紹介という状況になり、慌ててチームと工程を決まった感じを察しましたw


その選考時に利用した情報がライン案内前に書くよう言われた履歴書のような書類です。


この履歴書には「前職での経験」・「身長」・「体重」・「握力」・「住所」を主に書くよう言われました。


「前職での経験」については大きな判断基準のひとつであることが普通ですが、ここではそこまで重要視されていなかった模様。


現に私は肉体労働したことないのによく動く工程に回されていますし、同期の自動車工場経験者も全然関係ない工程に回されています。


次に「身長」と「体重」。


この2つはそこまで重要視されていませんね。


あえて言うなら体型が極端な場合のみに重要視されるでしょう。


続いて「握力」。


これは重要視されるので要注意です。


ちなみに私はインドア派の細め体系ですが、握力だけは無駄にあります。


見た目はガリガリでそうは見えませんが。


学生時代、生徒会所属で部活も運動もやってない私でしたが、クラスの運動部連中を抑えて握力ランキング1位でしたw


このときから握力50キロを超えてたんですよね。


それからしばらく握力を測る機会がなかったので、ひさしぶりにいすゞで左手を計測したら・・・


あっという間に50キロ超えて慌てて力抜きましたw


これはマズいと思い、右手計測のときは力抜いちゃいましたよ。


握力に伴う体力と他の筋力は皆無なので、判断基準にされたらひとたまりもありませんw


自分でもなぜこんなに握力があるのか意味がわからないよ。


全く力を使う仕事もしないで、インドアでPC使ってただけなのに。


案の定、この握力だけを見られてしまい、とある工程に配属されて死にそうになってますw


最後に「住所」。


これは通勤なのか、寮なのかによるものです。


自宅通勤であれば、車や自転車等の自前の交通手段持ってる可能性高いので残業させやすいですよね。


寮であれば送迎バス利用が大半なのでその時間に合わせてしか残業させられません。


が、この項目もあまり意味を成さないというか重要視されていません。


基本的に1時間45分の残業時間をベースに生産計画を立てているみたいなので。


某メーカーみたいに3時間以上も残業ないんですよ。


となると、やはり一番大事なのは「握力」。


同期で握力が30キロ台の人は比較的体力使わない工程へ。


同期で握力が50キロ台の人は比較的体力酷使する工程へ。


どうやらここが分かれ道みたいなので、健康診断の時はいろんな意味で注意して測定してくださいねw

elf(えるふ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス