1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年05月31日(火)

スッピン

テーマ:ことば

 

 

今日の出会いは二つ。

 

一つはこの言葉。

 

 

根気良く努力を続ける人は、他人が失敗に終わる頃、成功への第一歩を踏み出す」エドワード・イグルトン


 

確かにそうだ。

 

10,000人が一斉に同じことを始めて9,999人が諦めた。

 

・・・その時からしか成功の道は開けていないと言うことなのだろう。

 

 

以前、川越のスペイン料理屋の女性シェフが、パエリヤ世界一を目指してチャレンジする過程をドキュメンタリーにした番組を見た。

 

彼女、もう何年も挑戦しているが優勝できないでいる。でも、今年はかなりの自信を持って臨んだ。


 

でも、残念な結果に・・・。


 

周囲の人の反応から予想するに、多分、内容はほとんど優勝者と変わらなかったのではないかと思う。

 

けれども、勝てない。

 

 

結果を知って、彼女は日本で優勝の知らせを待つ師匠に電話をかけた。




 

「ダメでした・・・」



 

 

その、師匠との電話を切った後に、女性シェフが取材スタッフのカメラを真正面から見据えて言った言葉。

 

 

勝つまでやる。・・・勝ってもやる・・・。

 

 

凄いと思った。「執念」とは、このことだと思った。

 

 

彼女、来年か再来年には必ず優勝するだろう。

 

 

 

もう一つは、一昨日の福乃友酒造の一星社長とのインタビューの後に、お奨めしてもらったお酒。

 

冬樹

 

冬樹

 

精米歩合55%の無調整純米吟醸酒(調合一切なしの第一原酒)

 

アルコールを添加しているお酒を「お化粧したお酒」とするなら、スッピンのお酒が純米酒。

 

女性が化粧する意味がいまだに良くわからない(メイクで綺麗になっている女性も好きだけど、たとえ立体感が無くなっても、ちょっとくらいお肌のトラブルが見えてもスッピンの方が自然で好き!ずっと好き!!)僕は、当然お酒も純米のほうが好きです。

 

純米の方が、どうしても素朴、悪く言うと鈍重になりがちだけど、地の良さを味わいつくすなら「お化粧をしたお酒」よりもスッピンのお酒の方が適していると思う。

 

 

あ~お酒が飲める体質でよかった!(飲めない方、ごめんなさい)

 

 

秋田って、本当に無茶苦茶豊かな県だと思う。山の手ホテルと言い、本物中の本物を命懸けで作っている酒蔵と言い・・・。

 

 

そういえば、今をときめく銀座のgenten も秋田の角館から、かの山本益博氏がひっぱり出したとか・・・。

 

恐るべし秋田。

 

 

さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?

 

楽しみ!





☆川端 裕の事務所HP☆




★川端 裕と「直接話してみたい!、ちょっとだけ聞いてみたい!」と言う方はこちらへ・・・★







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年05月30日(月)

キャバクラ

テーマ:

今日の出会いはこれ。

秋田からの帰りの飛行機の中で、一時間くらいで読めそうな本を・・・と思って買った本。

著者: 山本 信幸
タイトル: 「キャバクラ」の経済学―「お客の心を捉えてはなさない」疑似恋愛マーケティングの考察

暇つぶしのつもりだったのだけど、ラッキーだった!面白かったので、浜松町の本屋「談」で、早速続編を二冊買ってしまった。


◎男性と女性が出会い、恋愛をすることによって経済活動が活発になる


◎顧客ニーズ最優先、リピーター重視、徹底した能力主義がキャバクラの ビジネスモデル


◎顧客管理も従業員管理も基本は擬似恋愛である


◎キャバクラは「居場所」ビジネスである


◎キャバクラは風俗ではなくカウンセリングビジネスである

とか・・・。


キャバクラって、あんまり好きじゃなかったけど、こういう観点で見ればサービス業としてはかなり面白いビジネスモデルであることがわかる。

今までは「う~む。お酒美味しくない。つまみもかわきものばっかり。・・・気まずい・・・。なのに高い!」って感じで、できれば遠慮したかったけど、ビジネスモデルの実地研修として行ってみても良いかもしれないと思った。

そうは言っても自分からは多分行かないと思うので、誰かから誘われたら、今までみたいに断らないで行ってみよう・・・。



さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?

楽しみ!



☆川端 裕の事務所HP☆




★川端 裕と「直接話してみたい!、ちょっとだけ聞いてみたい!」と言う方はこちらへ・・・★







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月29日(日)

人生いろいろ

テーマ:
 

今日の出会いは素晴らしかった・・・。


 

以前、妻から貰った土産の酒で「春うさぎ」というにごり酒があった。


 

このお酒、とっても変わっていて、開栓してから飲めるようになるまでに30分以上もかかると言うお酒。


 

どういうことかというと、にごり酒なので、お酒の中に炭酸が溶け込んでいて開栓と同時にシャンパンのように溢れ出てくるので、栓を開けては締め、開けては締めを何回も繰り返してやっと飲める。


 

味もまさしく「お米で作ったシャンパン」


 

味も本物(なんと純米大吟醸のにごり酒!)だし、こうした「いわく」のある演出を強いてみたり、なかなかやり手の酒造だと思っていたら、更に工夫があった。


 

「飲み方の説明書」が付いていて、なんとそれが手書きの毛筆で書かれている。


 

しかも、その文章の味わいたるや・・・。

 

 

もう、完全にやられてしまった。

 

 

「この人の作るお酒がまがい物であるわけない!!」って、一瞬で信じた。それ以来、福乃友の信奉者になってしまった。

 

 

そう言う経緯で、社長のお人柄自体にも大変関心があったし、この「お客様を喜ばせて差し上げよう!」ってサービス精神の旺盛さにも凄く魅力を感じたので、いつかインタビューがしたいと決めていた。

 

やっと念願がかなった!(妻に感謝!)

 

福乃友酒造 一星社長

 

福乃友酒造  一星社長

 

 

一星社長にお会いして、非売品のお酒などを振舞っていただいた後に蔵の見学をさせてもらい、インタビューへ・・・。

 

 

いや~感動した。

 

 

ものすごい学びになった。

 

 

このインタビューの概要は近日中にHP にアップしますので、是非見ていただきたいと思います。

 

人生の達人の言葉に、僕は目からウロコがボロボロ零れ落ちてしまいました。

 

 

さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?

 

楽しみ!





☆川端裕の事務所HP☆




★川端 裕と「直接話してみたい!、ちょっとだけ聞いてみたい!」と言う方はこちらへ・・・★







AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年05月28日(土)

穴場ホテル

テーマ:お店

今日の出会いはこれ。


素晴らしいホテル。


今日は、明日の取材のために前泊で秋田に来た。公私混同といわれそうだけど、GW中は妻をどこにも連れて行ってあげられなかったので、今日は妻も連れて「山の手ホテル 」で一泊した。


と言いつつ、アクションを起こしたのは妻。僕は妻のお膳立てに乗っただけ。当たり前だけど、メインは取材なので宿泊先には余り関心がなかった。


ところが・・・。



素晴らしいホスピタリティ!!



ハードはもちろんのこと、サービスや料理と言ったソフト面も相当なもの。特にディナーの演出には参った。目の前で、苗木から生えているしいたけを取って、そのまま天ぷらにするとか・・・。


 


前菜


ズワイガニとマンゴーのセルクル仕立て&

伊勢海老、春野菜、竹の子、帆立、鴨ほか



土瓶蒸し


土瓶蒸し&松倉の純米吟醸



お造り


鮪、鯛、雲丹のお造り



鮑のサラダ


鮑のサラダ仕立て



野菜の天ぷら


地野菜の天ぷら 抹茶塩




前沢牛のロースト


前沢牛のロースト



ふかひれの餡かけ


ふかひれの餡かけ



稲庭うどん


稲庭うどん



いくらご飯


いくらご飯



デザート


木苺のムース&ハーブティ



まさか、秋田でこんなにレベルの高い料理を食べられるとは思わなかった。(秋田の方、ごめんなさい・・・)


これ、一万円のコース。なんか東京の有名店で食事するのがバカらしくなってきた。


大満足のホテルでした。



さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!





☆川端裕の事務所HP☆




★川端 裕と「直接話してみたい!、ちょっとだけ聞いてみたい!」と言う方はこちらへ・・・★







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月27日(金)

百年の孤独

テーマ:動物

今日の出会いは二つ。


一つは盲導犬との出会い。



文殊で昼食のそば(おろしそば 大盛り)を食べた後、市川駅の駅ビルの中にあるエスカレーターに乗ろうとしたら、上のほうからご主人様を案内して盲導犬が降りてきた。




大人しくエスカレーターに乗りながら、僕の顔をじ~っと見てた!






そのお顔の神々しいことと言ったらなかった。






世の中に、彼らほど尊い存在はないんじゃないかと時々思う。もちろん、素晴らしい人間もたくさんたくさんいるけど、昨今のニュースを見ていると、社会に対する貢献度で盲導犬の足元にも及ばない人間がいるのも事実だと思う。




けれども、盲導犬は激務のためにあんまり長生きできないそうです。


一生懸命人のためにつくして、命をすり減らしてしまう・・・。



せめて、美味しいものをお腹いっぱい食べてほしいものです。そういった使い方をしてくれるのかどうかわからないけど、彼らのために役立つのは間違いないと思うので、街中で(財)日本盲導犬協会 の募金箱を見つけるたびに募金をしています。


彼ら・彼女たちが、ちょっとでも長生きできますように・・・。



彼らに対して恥ずかしくない生き方をしたいです。




さて、もう一つの出会いはこれ。


百年の孤独



お酒(特に焼酎)が好きな人の間では有名な「百年の孤独」



たまに行く事務所一階の海鮮居酒屋「海図」で見つけた。ちょっと前はものすごいプレミアムがついていて一杯何千円もしていたけど、海図は良心的で一杯900円。


さすがに美味しい。


前に飲んだときも美味しいと思ったけど、これは確かに美味しい。世の中には人気があっても、どうして人気が有るのか分からないものも多いけど、これは人気が高いのも素直に頷ける。


飲むと幸せを感じるお酒ですね。


お奨めです。




さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!





☆川端裕の事務所HP☆




★川端 裕と「直接話してみたい!、ちょっとだけ聞いてみたい!」と言う方はこちらへ・・・★







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月26日(木)

穴場情報

テーマ:お店

今日は午前中は雑務、午後から某企業のトップマネジメントとミーティング(最近、週一回の定例会化してるな・・・)。


その後、愛媛のOさんと会食。場所は、事務所一階の寿司政。お任せで定番の刺身盛り合わせとか、青森産のアンキモ(少し苦味が強い?)とか、あさり(ハマグリかと思うほどの大きさ!)の酒蒸しとか、馬刺しとか・・・。



う~ん、つくづく人間は自己重要感が大切だと思う。


Oさんはとっても素敵な女性なのに、そのOさんご自身は自分のことをそうは思っていないみたい・・・。


(Oさんに限らず)良く「私って運が良くないんです」とか「男運がないんです」っていうフレーズを耳にするけど、そんなことはありえないと思う。


自分で自分のことを軽んじたり、運が悪いなんて思わなくて良いのにな・・・。




前にも書いたかもしれないけど、どこかでこんな言葉を聞いた。




何が出来るとか、何を持っているとかに価値があるのではなくて、人間は存在自体に価値がある




本当にその通りだと思う。





人を気遣うのはとっても大切なことだけど、その前に自分自身を気遣ってあげよう・・・






Oさんを市川駅までお送りしたら、ちょっとお腹が空いた。ラーメンが食べたくなった。



今日は、久しぶりに市政家。


家系ラーメン決定版 市政家 ラーメン600円



うまい!


大盛りにしなかったことを後悔した。


ここのラーメンはいわゆる「家系」なんだけど、鳥の風味が強い。油も鳥の油を使っている。家系は家系でも独自のアレンジがされていて非常に美味しい。(麺は太めでまさしく「家系」)


感謝!




さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!!





☆川端 裕の事務所HP☆

  

  

  

★「川端 裕と直接話してみたい!ちょっとだけ聞いてみたい!」という方はこちらへ・・・★







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月25日(水)

サービス!サービス!

テーマ:

今日は朝から晩御飯までずっとデスクワーク・・・。


久しぶりだったので、結構集中できて仕事がはかどった。



今日の出会いはこれ。


著者: ベッツィ サンダース, Betsy Sanders, ダイヤモンド社
タイトル: お客様の喜びは、私の喜び―「伝説のサービス」が生まれる瞬間

某企業のCEOから頂いた「組織改革 」の関連で、顧客志向について書いている書籍を改めて読み漁っているのだけど、今のところこの本が一番勉強になった。




・サービスカルチャーの創造こそが、リーダーの至高の命題

・真に幸せな人とは、どうやって人に奉仕するか見つけた人だ

・自分の仕事を愛している人からサービスを受ける喜びに勝るものはない





人に奉仕するのが好きで好きでたまらない!



そう言う人になりたいです。




今日の晩御飯はいつもの定食屋さんで、いつものサービス定食。(写真撮り忘れた・・・)




完全燃焼できた一日だった。(でも、ちょっと疲れたので今日はこれでおしまい)


感謝!




さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!!






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月24日(火)

餃子の名店

テーマ:

今日は前職の同期、4人で集まった。

 

なんて言ったら良いのだろう・・・。

 

 

変わってないようでいて、変わっている。

 

成長していないようでいて、みんな、しっかり成長している。

 

 

やっぱりフィードバック効果と言うか、芋の子洗い現象というか、4人で話すと色んなインスピレーションが湧いて、その湧き出したインスピレーションが更に新たなインスピレーションを生み出すような感じだった。

 

 

ここには書けないくらい多くの気づきを頂いた。

 

感謝!

 

 

さて、今日の会食の場所は、ほとんど毎日満席状態の浜松町の穴場中華「東海飯店」。

 

ここ、お店の人には悪いけど、お店の構えは、とても美味しいお店には見えない。

 

けれども美味しい!!

 

特に餃子は本当に美味しい!

 

東海飯店の餃子

 

餃子が好きな方には、是非、是非お奨めしたい店。今までこのお店にお連れした人で「美味しい!」って言わなかった人がいないお店。

 

ここに比べたら、餃子の名店として有名な亀○餃子は「???」と思ってしまう。

 

男四人(1人は二時間だけ参加)で四時間食べまくって、飲みまくって総額は18,000円。

 

一人あたま4,500円。

 

餃子以外の料理も美味しくてリーズナブルなので、お奨めのお店です。

 

 

浜松町の世界貿易センタービルの中にあります。

 

 

お近くの方は是非!

 

 

 

 

さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?

 

楽しみ!

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月23日(月)

自然の恵み

テーマ:食材

今日の出会いはこれ。


一口食べるだけで「・・・い、生きてて良かった~!」って思わせるジャム。


幸福の手作りジャム


先日、愛媛のOさん&弟さんとお会いしたときに「母の手作りです!」って、おみやげに頂いたもの。



いちごの形がしっかり残っていて、自然な甘味と酸味が丁度僕の好み。お酒も好きだけど甘いものも大好きな僕は、大げさじゃなくて「こんな美味しいものを今まで食べていなかったなんて、人生損してた・・・。」

と思ってしまった。


世の中には、美味しいものは数あれど、本当にリッチな味と言うのは自然の素材が持つ本来の美味しさをっそのまま引き出したものが一番美味しいのではないかと改めて思った。


しかも、素材になってくれた生き物に感謝し、食べてもらう人に愛情を込めて作る・・・。


そうして作られたものが美味しくないわけはない。


感謝!



今日はルーティンワークで、あっという間に晩御飯の時間になってしまった。


晩御飯はいつもの定食屋さんで、いつものサービス定食。


さばみそ&チキンカツ定食 850円



本当に、毎日ちゃんと目が覚めて、ご飯が食べられて、身体に痛いところもない。


これ以上を望んだらバチが当ると思う。



そりゃ、たまには泣きたくなることも、逃げ出したくなることもないわけじゃないけど、それは人生と言うフルコースの中のスパイスと考えれば、コース全体に厚みを出すために必要不可欠なものなんでしょう。



さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月22日(日)

ネタばらし

テーマ:

今日の出会いは二冊の本。


一冊はこれ。


著者: 高橋 俊介
タイトル: 組織改革―創造的破壊の戦略 どうすれば本当の意味での成果主義が実現できるのか?

現在、人事改革をお手伝いさせて頂いている某企業のCEOから「こんな感じで・・・」と、参考資料として頂戴した本。


ものすごく勉強になった。


というか、人間の考えることはそう違わないことを改めて痛感した。


前回のミーティングで僕が提案した内容が、より詳細に深彫りされた感じでたくさん書かれている・・・。


なんか、「これがあれば僕は必要ないんじゃないか?」と思うほどの素晴らしい内容。


でも、僕の存在意義は「実務に落とす」ことにあると思っているので、そう考えると、CEOの希望されている改革の方向性と僕の考える改革案のベクトルが一致していることがわかって大いに安心した。



この本、人事にかかわる方には絶対のお奨め。



今後の「会社と社員のかかわり方」が、どういう関係になっていくのかが明晰に書かれており、まず間違いなくここに書かれているとおりの状況になると思った。


2,500円は安すぎ。


人によっては「ネタ本」として、2,500千円の値段をつけてもおかしくない本。


感謝!




もう一冊はこれ。


著者: トム ピーターズ, Tom Peters, 仁平 和夫
タイトル: トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈3〉知能販のプロになれ!

以前から紹介している「ブランド人になれ! 」三部作の最後の本。


・お客さんは慎重に選ぼう

・小さい役はない。あるのは小さい役者だけ

・全てにして肝心要のもの。それは挑発だ!

・やる価値があるかどうか迷った時は、どれだけ怖いかで判断せよ。


とか・・・。





恐怖を感じたら、すなわちそれはチャンスって考えよう。





さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!







いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。