トルコ不動産の魅力7~アジア側Uskudarのファミリーレジデンス~ | イスタンブルライフ

イスタンブルライフ

~オーガニックローズからトルコ不動産まで~
オーガニックのローズサプリメントや飲めるローズウォーター、トルコ不動産、そしてトルコでの結婚写真、トルコ語レッスンのオーガナイズもやっております。

ご訪問ありがとうございますニコニコ

 

日本人に限らず、世界中の人々に人気のトルコの不動産は、今のリラ安で、かなりのお得感があります。

 

ふんだんに使われた大理石や美しいモスクなどの景色、そして

時折り聞こえるモスクからの力強いエザンも、トルコならではの魅力ですね。

 

今日は、2020年に竣工予定、アジア側ウスキュダルのレジデンスをご紹介します。

 

アジア側なので、トルコ人のファミリーを対象に造られた感じのレジデンスです。

 

ウスキュダルはヨーロッパ側の新市街タクシムからマルマライメトロで10分、ベシクタシからはフェリーで7分と、なかなかアクセスの良い場所です。

 

乙女の塔がある場所です。綺麗ですね!

ここからの夕日はとても美しく、イスタンブールでも1、2を争います。眺めていると時間を忘れてしまいそうです。

 

 

それではどんなレジデンスか見てみましょうニコニコ

 

 

共有の屋内プールはエレガントな雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

玄関は白基調でエレガントです。

 

リビングは大理石ではなく、フローリングが敷かれていますが、ヘリンボーンでトルコっぽいです。

 

キッチンです。清潔感のある白でまとめられていて、大理石の床が綺麗です。テーブルも置くことができる、機能的なトルコスタイルのキッチンですね。トルコ人はキッチンで、軽い食事も済ませます。

リビングも明るいです。

 

 

 

テラスが広くてボスボラスビュー。いいですね!

 

 

外構は、可愛らしい感じでまとまっています。

 

子どもの共有スペースもあります。

 

フロアプランです。

1+1(ベッドルームが1つとリビングルームが1つ)もありますので、一人暮らしもよさそうです。

 


 

 

イスタンブールでは、数年前からレジデンスが大人気ですけれども、今年に入ってからは新規レジデンスの建築計画が目に見えて減っている感じがあります。

 

レジデンスは、価格が明確なことと、設備が整っているので、わかりやすいですが、共益費は高くなります。

 

普通のトルコ人の暮らしと同じように住んでみるのも素敵だと思いまし、投資の場合には、レジデンスよりも一般のフラットの方が、トルコ人の賃貸人が入りやすいので、空いた状態が長く続くことが少ないと思います。

 

レジデンスだけではなく、普通のフラットも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

フラットの選び方は記事にしております。ご参考までニコニコ

トルコ不動産の選び方2~フラットの選び方~

 

契約に際しては弁護士さんをご紹介できますので、ご希望の方は私のほうまでご相談くださいませ。

 ( お問い合わせ先: twitter_2011_8@yahoo.co.jp )

 

過去記事もどうぞご覧ください。

 

トルコ不動産の選び方1~不動産は何より立地が一番大切です~

 

 

トルコ不動産の魅力⑤~リッツカールトンレジデンス~

 

 

トルコ不動産の魅力④~地中海リゾートのヴィラ~

 

 

トルコ不動産の魅力③~屋上プールがあるレジデンス~

 

トルコ不動産の魅力②~アジア側カドゥキョイのレジデンス~

トルコ不動産の魅力①~新市街レベントのレジデンス~

 

トルコ不動産への投資について5~所有権が移るのはいつ?~

トルコ不動産への投資について4~毎月かかる経費~

トルコ不動産への投資について3~固定資産税について~

トルコ不動産への投資について2~価格相場について~

トルコ不動産への投資について

トルコでの不動産購入について(←こちらは2013年の記事になります)

 

レジデンスであればディベロッパーに直接連絡するのが一番お得ですが、一般の物件を購入する場合には、不動産屋を通した方がよいです。また、不動産屋さんと関係のない弁護士さんを間に入れることをお勧めいたします。売り主と知り合いである場合は、後で何か申し入れる場面もあると思いますし、公平な条件で契約できるように、弁護士さんを入れておくと安心です。

 

トルコで何かする時には、弁護士さんがついていてくれるととても安心です。

 

私の方では、トルコ人の弁護士さんをご紹介できます。(依頼は有料になります。)

 

若いけれど礼儀正しく頭が切れる男性と年配の方のペアで、頼りになるとてもよいコンビです。もちろん公認の弁護士さんです。

ご希望の方は、こちらまでお問い合わせくださいませ。

( twitter_2011_8@yahoo.co.jp ) 

 

 

以前ご紹介したレベントの新築レジデンスは、2019年12月に完成します。

 

 

↓クリック応援ありがとうございます!

にほんブログ村 投資ブログ 海外不動産投資へ
にほんブログ村

 

↓こちらも!


不動産投資ランキング