お盆ですね~。

 

今日は天気もいいので家族でそろってお出かけもいいですね!

 

三重に来て伊勢で海の幸を堪能したら、その後は松阪牛の焼肉一升びんにぜひお立ち寄りください!

 

本日から3日間はどの店舗も大混雑しますので、お早目のお越しをおすすめいたします。

 

 

と言うことで本日は、【一升びんオリジナルのみそだれが愛される理由とおすすめの食べ方】を紹介♪

 

 

松阪牛は最高の出し肉?

このような言い方をすると松阪牛が脇役みたいで失礼かもしれませんが、松阪牛を当店自慢のつけダレに絡めながら食べるとたれの味が変わっていくんです。

 

つまり松阪牛の脂には「旨味と甘み」が詰まっていて、最初はたれもちょっぴり甘じょっぱいんですが、こんがり焼き上げた松阪牛をたれにつけて食べていると、そのたれがまろやかなたれへと変化していくんです。

 

 

ぜひそのたれの味が変化していくのを感じながら楽しんでみてください。

 

 

 

松阪牛ホルモン

一升びんに来たらぜひ松阪牛ホルモンを食べてほしい! こちらが特にみそだれとよく合うんです!

 

 

当店のホルモンは県外にはあまり出回ることがないことから「幻のホルモン」と呼ばれています。 

 

これは、創業当時からお付き合いのある業者様からとの確立した独自のルートがあるからこそ。 

 

新規参入企業がいくら積んでも松阪牛のホルモンを手に入れることができません。

 

なので都会で食べるホルモンより、三重県の一升びんで食べるホルモンは一味も二味も違います。

 

松阪牛のホルモンは数も限られているので、大変貴重です。

 

 

 

高級部位にもよく合うタレ

一升びんのみそだれは一度食べると病みつきになります。

 

全国でも高級部位にみそだれをチョンとつけて焼いて食べるのも珍しいのではないでしょうか?

 

 

この隠し味的につけられたみそだれが脂身のくどさをやわらげてくれます。

 

A5ランクの松阪肉はサシがきめ細やかに入っていて美味しいのですが、さらにこのみそだれがおいしさを引き立ててくれるのです。

 

 

 

〆のごはん

そして〆には、一升びんのみそだれをご飯にかけて食べる。

 

 

色んな楽しみ方ができるのも一升びんならでは!

 

お米も魚沼産コシヒカリを使用していて、お客様からもご好評いただいております。

 

そのお米の上から松阪牛の旨味と甘みを吸収したコクのあるみそだれをごはんの上にかけて食べると、極上の一品になります。

 

 

 

代表メッセージ

焼肉一升びんは、創業56年あまり、地元のお客様をはじめ多くの方々にご愛顧を頂き感謝しております。 

 

安心で安全な良質な松阪牛を数多くの皆様方に、よりお値打ちにお召し上がって頂けるよう心がけております。 

 

創業以来、先代より受けるがれた秘伝の「みそダレ」を守り続け、松阪市に本店を築き、名古屋ラシック店を始め三重に11店舗営業させて頂いております。 

 

さまざまお店づくりで感謝の気持ちと、また来て頂けるようおもてなしの心で、従業員一同お待ちしております。 

 

今後とも末永くあいかわりませずよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

というわけで本日もご覧いただきましてありがとうございました。