早寝早起き腰痛の爺さん生活。
ソーシャルメディアサラリーマンのイッシーです。

◆あなたはお客さんを「仲間」と呼べますか?~塩仲間ホッティー

先日のブログ記事の反響がハンパなかった。

記事の主人公は彼だ


ニックネーム:ホッティーこと堀田さんです。

名古屋市に住んでいますが
三重県四日市で昭和薬品を営んでいます。

先日彼と会って
低体温の僕に塩を勧めてくれたので買いました。
その商品が届いたのですが、
その商品梱包等で驚いた記事を書いたのです。

それがこの記事。
究極の関係性通販品が届いた!~アイデア満載の段ボール箱

通常の記事より反響がありましたが
一気に火を点けたのは
この投稿です。


藤村先生のTwitterです。

「エクスマ塾生よりエクスマだな」って最幸の褒め言葉です。
リツイートも「いいね」もいっぱいある。

僕ももちろん嬉しかったですが
一番うれしかったのは彼、ホッティーでした。



エクスマを、10年前に知って、5年間塾にずっと入りたくて、遊びのような仕事、仕事のような遊び、にどうしてもしたくて、会社に限界を感じ、起業した。そして今日のこの嬉しさ。本当に、僕以外の方々のおかげです。ありがとう。^^

彼は藤村先生のエクスペリエンスマーケティング(エクスマ)の塾生ではありません。
でも、エクスマセミナーは参加したり、本を買って学んでました。
僕も昨年名古屋で開催した映画館セミナーでホッティーと名刺交換をしました。

さて、タイトルの話をしますが
彼のお店の看板商品である深層海水天然塩を
買ってくれたお客さんを
「塩仲間」と呼んでいます。

お客さんなのに「仲間」です。
そして、Twitterをメインに
そのお客さんと楽しくコミュニケーションを取っている。

SNSでお客さん(仲間)と関係性を築き上げているので
今回の藤村先生のツイートに対し
仲間の反応がこんな感じでありました。





僕のTwitterにも・・・





みんな自分のことのように喜んでました。
お客さんなのに・・・(笑)

そして、この熱い投稿も



ホッティーへの感謝の気持ちを込めて。

そしてこれからも #塩仲間 が広まってみんなが健康で活躍できる事を心から願います( ´ ▽ ` )ノ

この投稿から
塩仲間に入りたいと言う人も。

そうです。
これがSNSの効果です。

始めの波紋は小さいですが
小さなコミュニティー(塩仲間)が楽しくやっていいると
どんどん輪が大きくなっていくのです。

売り込まずに売る

ホッティーは5月に晴れてエクスマ塾生になるのですが
自分でエクスマを学び
自分で発見し
実践してきてました。

教わるのではなく
発見する。


藤村先生がセミナーの初めに言うコトバです。

あなたは
お客さんの事を
「仲間」って言えるでしょうか?

今後、SNSでのビジネスでは重要な事になるでしょう。

最後に
塩仲間のブログを紹介しますね。

Yzan(わいざん)さんのブログ記事
大事な人が嬉しいと僕も嬉しい。それを喜んでくれる人がいるからもっと嬉しい。

シラタニ マイさんのブログ記事
コンサルから進化した。信じてやってみ!

「塩仲間」を命名したディクソンさんのブログ記事

朝から感動してしばらく何も手につかなかったよ~!~私のスタートはここなんです!平成なのに昭和薬品


ね、どんだけ喜んでいるのか伝わるでしょー
「仲間」ってそういう事です。

これで僕も
塩仲間に入れてくれるかな~(笑)

ソコーーー!

おしまい


ブログランキングに参加してます。

是非、がんばれ~って

応援クリックしてね。

           ↓ ↓ ↓




AD