腹を決めてやるしかない | ”Kiduki(気づき)"と"Kokoro(こころ)"の日記
新型コロナウイルスに関する情報について

”Kiduki(気づき)"と"Kokoro(こころ)"の日記

接遇コミュニケーションインストラクターの日常生活から…

この暖かさで桜がだいぶ咲いてきました。


でもこの春は、重苦しい空気が流れています。



間もなく、新入社員研修が始まります。


どうなるのかと日々やきもきしているのですが、


国の指針もあやふやなせいか、実施のようです。



 

今回私が講師を引き受けている新入社員研修は


すべて”業務委託”なので、


私が直接クライアントと交渉することができません。



密閉空間で、数十名が集まり、


しかもグループディスカッションや


ロールプレイングなどが含まれるプログラム。


クラスター発生の可能性が高いと言われる


3大要素をすべて兼ね備えています。


正直、非常に不安です。



私が直接交渉できるのだったら、


研修プログラムを変えるとか、


オンラインでの実施にするとか


提案したいところです。


こんな状況下で、平時と同じようにやろうとしていることに


大きな疑問を感じます。




そして、研修はマスク着用なのですが、


私は特異体質なのか、長時間マスクを着用していると


決まって頭痛になるのです…。



新型コロナウイルスと頭痛との闘い。


精神的、身体的負担が大きいですが、


「やれ」と言われたら腹を決めてやるしかありません。