2月19日 | ”Kiduki(気づき)"と"Kokoro(こころ)"の日記

”Kiduki(気づき)"と"Kokoro(こころ)"の日記

接遇コミュニケーションインストラクターの日常生活から…


テーマ:

21年前の2月19日。


上海に留学するため、日本を離れた日です。


知り合いもいない、


逆を言えば、


私のことを知っている人がいない、


もちろん、これまでの私を知る人もいない、


だから全く違う自分に生まれ変われる、


そんな気持ちでした。


だから、2月19日はいわば私の第2の誕生日です。



成田空港までは仙台から新幹線に乗り、


東京駅で成田エクスプレスに乗り換えました。


当時、成田エクスプレスの指定席はボックス席でした。


私の向いにはカップルが座りました。


どうやら旅行で海外に行く様子。終始楽しそうでした。


それに比べて私の心はおも~く、おも~く…。


”あぁ、彼らみたいに旅行だったら、どんなに楽しいだろうな”


そんなことを思いながら、とても冷静に彼らを眺めていたことを

今でもはっきり覚えています。



搭乗口で搭乗を待っている時でさえも、


”今ならまだ引き返せる!”


そんな葛藤がありました。



それでも結局、上海へ。


その晩はお腹も全く空かず、何も食べずに床につきました。


でも眠れませんでした。


”もう早いうちに帰ろうかな。


でも会社も辞めて来ちゃったし、戻るところもない。


それに、すぐに帰ったら、みんなにあわせる顔がない…”


こんな思いがぐるぐると巡りました。



次の日…。


1日目のことはこんなに詳細に覚えているのに、


次の日からのことは全く何も覚えていないのです。


ただ、何日目かに寮近くにある


古びた薄暗いホテルから


母に国際電話をかけたことは鮮明に覚えています。


つたない中国語で「国際電話をかけたい」と伝え、


電話がつながり、母の声が聞こえたとき。


数日前まで確かに聞いていた声なのに、


ものすごく懐かしくて、


言いようのない思いがあふれるようでした。




毎年2月19日になると、


あの時のことが鮮明に思い出されます。


★☆。..:*☆★*:☆。’★☆。..*★☆。..:*☆


私、阿部 美樹のホームページは こちら !



阿部 美樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ