もちもち対決 | ”Kiduki(気づき)"と"Kokoro(こころ)"の日記

”Kiduki(気づき)"と"Kokoro(こころ)"の日記

接遇コミュニケーションインストラクターの日常生活から…


テーマ:

新米の時期。


テレビでは各県の自慢のお米のCMが流れて、


ブランド米の多さに改めて驚かされました。

が、我が家のお米は絶対に”宮城米”です。



昨年、妹が送ってくれた


宮城の新しいブランド米 「だて正夢」。


もちもちしていて、冷めても美味しい!


むしろ冷めてからの美味しさが神髄ではないかというほど。


すっかりその美味しさに魅了されました。



昨年は試験的に植え付けをしたとのことで、


あまり手に入りませんでしたが、


今年からは大々的に売り出されたとのこと。





夏に仙台のある病院で研修をしたときのこと。


担当者の方が美味しいものをよくご存じの方で、


その日はたまたま「米」の話になったのです。


私がすかさず


「だて正夢ってもちもちして、とても美味しいですよね」


と話すと、


「だて正夢も確かに美味しいんですが、


”ゆきむすび”というお米もそれに負けず


もちもちしていて美味しいですよ」


と教えてくださったのです。

 


食べてみたいとネットで探してみたのですが、


残念ながら見当たらず。



ところが…


池袋にある宮城のアンテナショップ


「宮城ふるさとプラザ」にたまたま行ったときのこと。


レジ近くの棚に置かれているのを発見しました。


もちろん即購入。


確かに「だて正夢」に負けず劣らずもちもちしていて


これまた美味しい!


 




ご飯が進んでしまいます。

阿部 美樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス