週刊一色塾

週刊一色塾

「変わります。一色塾」の講師が毎週火曜日に更新していく週刊一色塾。
真面目な話から趣味の話まで内容は様々です!

週刊一色塾 Vol.442

2022.01.11(国語科:高村康典)

 

2022年も残すところ350日あまりとなりました。笑

時が経つのは早いものです。

 

さて、一色塾では先週で冬期講習がすべて終了し、昨日から高3生の直前特訓講習が始まりました。

 

我々の仕事は栄養士に似たところがあるなあとしみじみ思う今日この頃。

受験生が力をつけてきたからといって、勉強の方針をすべて任せっきりにするとどうしても偏った勉強になってしまいます。

 

もちろん、自分でしっかり管理できる人もいるでしょう。

それは、自分で栄養をコントロールした食生活を送れる人がいるのと同じです。

でも、自分の独力ではダイエットが難しい、となれば専門家の指導を受けるという選択をするわけです。

そして、コツが分かったあるいは最初の目標を達成したからと、専門家の指導を受けなくなると、リバウンドする人が出てきます。

 

受験指導もそれと似たところがあります。

やはり、こちらとしては「この時期だからこそ取り組ませたい教材」というものを厳選してカリキュラムを組んでいるわけです。

「冬は自分でやります」と言われれば、義務教育ではないので強制はできず、「ああそうですか」ということになりますが、しばらくぶりで授業に参加させてみると「あらら・・・すっかりダメになっていらっしゃる」ということが少なくないのですね。

もちろん、自分でしっかりできる子もいるでしょうが、過去問を解いているだけではどうしても現状維持が精一杯で、最後のひと伸びが足りないまま受験に突入することも・・・

 

もちろん、講座を受講すれば絶対に合格する、などと大風呂敷を広げることはできません。

しかし、合格に近づくのは間違いありません。

もちろん、授業をただ受けているだけでは効果は小さく、丁寧に復習するなどの自習が必須なのは言うまでもありません。

 

まあ、そんなわけで高3の授業は今月末でオールアップですが、最後までしっかりと勉強させ、1人でも多くの生徒に合格を勝ち取らせたいと思う次第ですメラメラ

 


 

さて、正月らしいことは何をしたかというと。

 

まず初詣に行きました。

元日の日中をダラダラすごして夕方に行ったら、夕焼けと富士山の綺麗な風景を見ることができました。

 

 

岡村天満宮から見えた富士山です。

朝、ここから綺麗に富士山が見えるのは知っていましたが、夕方にここから景色を見たのは初めてでした。

 

そして、2日は楽器屋さんに繰り出し、初売りセールでもやっていないかなあ、と見回してきました。

すると、前から欲しかったハリソンのリガチャー(銀メッキ/T.Saxラバーマウスピース用)があり。

1万円強の定価表示だったのですが、「初売りで安くならん?8,000円くらいだったら買うで」と交渉したら、¥7,600+税にしてくれました。

ので、試奏して買いました。

 

 

深く柔らかい音色がするので愛用品になりそうですルンルン

 

ではでは。

今年こそ、良き1年になりますように虹

 

現役合格率100%を目指す大学受験予備校

http://www.isshikijuku.co.jp/