オステオパシー

なかなか、聞きなれない言葉ですが

オステオパシーについて
説明していきます。

オステオパシーとは
身体を一つの繋がりあったシステムとして
捉えています

身体の不調や症状が出ている時
痛い部位が原因とは限りません
身体全体を検査をして根本原因を検査して
寝てしまう人がいるほど優しい力で施術をします。


オステオパシーの4つの特徴


1検査数
頭の先端から足の先まで
身体全体800箇所にソフトに触れて
身体の組織にあそびがあるかないかを検査します。
(骨、血管、神経、内蔵、筋肉、筋膜、脳、内分泌)
8つのユニットを検査します。




2触れる手
あそびのない組織を触診して
触れる手で、身体の声を聞きます。
マッサージのような強い刺激を加えてしまうと
身体は抵抗反応を起こして
組織に触れる事すらできません。
赤ちゃんに触れるような手で組織に触れます。


3リコイル
そして、根本原因を見つけたら
リコイルというテクニックを使い
組織を解放、リリースします。
誰一人として同じ身体の方がおられないように々状態の方はいません。そのために、その時の状態に合わせて最善の施術を行います。

4再検査
再度検査を行います、施術の変化を確認します。
ご本人にも施術前と後の身体の状態、痛みや症状の変化を実感して頂きます。



施術後は
お水やお茶を飲んで頂きながら
施術内容の説明や今後の施術方針、施術後の注意点など説明させていただきます。




必要な方に対しては各種セルフケア
自主トレや動き方のコツ、生活スタイルを
助言させていただきます。

オステオパシーを受けられた患者さんの声



3年前から
左肩に痛みを感じ
趣味のゴルフや釣りを
肩の痛みを我慢されていました。
60代Oさん。