内装現場 で 壁にクロス(ごく一般的な紙クロス)が貼られており

うっすらホコリが付いているなんて時

フラワーなどとも呼ばれるモップ (毛の長いふわふわしたモップ)でパタパタ さーーーっと撫でたり などして

お掃除することがある

そのくらいできれいになってくれれば有難く なにせ 壁 は結構広いから・・・

でいて フラワーでは除去しきれない付着の強い極細かいホコリが見つかれば

良く洗って固く絞ったきれいめのウェスで拭くのだ

これが通常で

 

滅多にはないのだが 時に もう少し入念になることがあって それは

 

白系色のクロスで  汚れが見つけらず

しかし 思いがけずでもちょっと触った時に 全面ではないけれど明らかにどこかが汚れているだろうとなったとき

でいて フラワーで撫でるくらいではきれいにならなそう などとなった場合

 

全面的に ウェス拭き となる

 

目についたところだけ拭けばいいように思えるが 前述したとおり 見えない ときの話だ

 

「見えない汚れを拭く」・・・・

先日そのようなことがあり

2人で 100㎡くらい 脚立は使わない高さまでとし

力は要らない しかし 拭き洩らしがないように ふきふき ふきふき

ウェスの面を替え 適宜 ウェスを洗い

 

徒労に終わるかもしれない」もやもやを抱えながらも 文句言わずやってくれたスタッフが言う・・・

「あーウェスが汚れますね~~」 

 

見えない汚れを拭く のだが 

汚れが付着したウェスが 汚れがあったことを教えてくれる のだ

 

全体で  4か所 汚れがあった  うん