いっちゃ♪の読書録

私の人生を彩ってくれる物語のかけらたちを紹介していきます。


テーマ:
狂気と正常の境界線って
どこにあるんだろうか?


正しい人間なんて、
この世の中に存在するのだろうか?


正しい人間が居ると
言い切れないのであれば、

狂気にとらわれている
精神病患者を看ている医者も
狂気のかけらをもっているってこと。


精神科医は腹の底で何を考えているか (幻冬舎新書)/春日 武彦


こんな風に
同じ人間としての目線でいられるってことが
重要なのかもしれない。



桜井章一
は、
自分が「悪人」だからこそ、
いい人間になろうと努力する、
それが大事なんだと言っている。


同じように、
「自分は間違いなく正常で正しい人間だ!」
と思うよりも、

多少の狂気をはらんでいることを前提に、
いかに世の中と折り合って生きていくのか、

という生き方をしていく方が
健全なのかもしれない。



独断と偏見のお勧め度⇒★★★☆
===============================
★★★★★:満点
★:1点
☆:0.5点

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
現代科学で説明できないけど
正しいと直感的に思えるもの

そんなことを感じることはありませんか?


雀鬼流。―桜井章一の極意と心得/桜井 章一


確率論や定石にとらわれず

心の眼で場を見極める

他人との勝負ではなく

自分で決めたことを守るという
自分との勝負

常に真剣であること


そんな、修行のような日々を送ることで
見えてくる真実があるのでしょう。



そして、

どんなに科学技術が発達しても、

ロボットやコンピュータには真似の出来ない

そんな素晴らしい能力が、

人間には備わっているんですね。



独断と偏見のお勧め度⇒★★★★★
===============================
★★★★★:満点
★:1点
☆:0.5点
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自己肯定感を持つこと。

独身女性の性交哲学/山口 みずか



大学卒業後、風俗嬢を生業とし、
物書きもしているという著者、

世間一般で「普通」と言われる生き方から
かけ離れた人生を送っている著者が、

「恋愛」、「愛」、「セックス」、「欲望」、「幸せ」について、
一般的な考えに流されない、
独自の考え方を展開する。


そして、
どんな生き方をしていても、重要なのは
「自己肯定感」を持っていること。



とにかくこの本、読みやすい。

そして、多くの男性と知り合った経験を活かした
男性心理の分析なんかもあるんだけど、

なんせ、風俗を通じて知り合った男性が多いので、
他の本とは一味違う。


娯楽本と思って軽い気持ちで読んでもいいし、
「幸せ」になるためのヒントを得る気持ちで読んでもいい。

お勧めの一冊です。



独断と偏見のお勧め度⇒★★★★☆
===============================
★★★★★:満点
★:1点
☆:0.5点
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。