当たり前だけど、特別なこと | いっちゃ♪の読書録

いっちゃ♪の読書録

私の人生を彩ってくれる物語のかけらたちを紹介していきます。


テーマ:
それは、人の死。

当たり前だけど、日々、多くの命が誕生し、
そして、多くの命がその寿命を全うする。

私も、あなたも、周りのみんなも
いつかは必ず死ぬ。

だけれども、自分を含め、身近な人は
そこにいつまでも存在するのではないかと感じている。

だから、突然いなくなると、
どうしていいのかわからなくなる...
わからなくて当たり前.....

そんな時、どうしたらいいのか?
どうしたら救われるのか?
そのことを本気で考えている人がいます。

それは、橋爪謙一郎さん。
以前、ブログ でも紹介した私の友人で、
エンバーマー 」の著者であり、
ご自身もエンバーミングのお仕事をされています。


今回は、橋爪さんがグリーフについてお話をする
グリーフセミナー 」のご紹介です。

身近な方を亡くして辛い思いをされている方、
大切な方を失ったことを受け入れられない方、
きっと何らかのヒントが手に入ると思います。

詳細については、下記をご覧ください。
http://www.griefsupport.co.jp/griefreport/2010/03/post_82.html



実は今回、セミナーの紹介記事を書くにあたり、
エンバーマー 」を読み返してみました。

そこで印象に残ったくだりをご紹介します。

それは、橋爪さんをモデルにしたマンガ「死化粧師」が
ドラマ化される場面です。
死化粧師6 (Feelコミックス)/三原ミツカズ


ドラマのプロデューサーが、こんな発言をしました。
「ドラマを作るときに、多くは対立の構図を作るんですが、
 今回は、必要ないようですね。
 橋爪さんは、
 『日本人の先入観や、知らないことによる偏見』
 と戦っているんだから、
 その姿を描くだけで充分です」


この発言から、橋爪さんと私は、
やはり同志なんだと感じました。

先日の講演会「平成女子の生きる道 」の感想にも書きましたが、
私も戦っているんです。

私の戦う相手は、
 「女性とはこういうもの」、
 「女性はこうでなければならない」
という、社会通念や常識と呼ばれているもの。


具体的なテーマは違いますが...

戦う相手は、決して、その先入観や常識を持った人では無い。

はっきり見えない敵だから、戦い方は大変だし、
下手すると、自分の中にも敵は存在するかもしれない。

でも、戦わざるを得ない。

そんな風に戦う仲間なんだと感じています。


もちろん、実際に行動しているレベルでは、
私は橋爪さんの足元にもおよびませんが、
だからこそ、橋爪さんを応援したいし、
橋爪さんの行動力に勇気付けられています。

いっちゃ@コミュニケーション修行中♪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス