あなたの「平凡さ」も、ある場所では「非凡さ」になる | コミュニケーション能力向上ブログ
2007-10-27

あなたの「平凡さ」も、ある場所では「非凡さ」になる

テーマ:ビジネスマインド
「野球が好きで続けてきたけれどもプロになるレベルではないあせる
という人でも、野球の初心者や子どもに比べたら天と地ほどの違いがあります。

そんな人たちに野球の技術を教え、
魅力を伝えていくことはできます。

昔野球をかじっていた人から手ほどきを受け、上達した。
そして野球の虜になってしまった「教え子」にとってみれば、
その人は「ヒーロー」であり、憧れのプロ野球選手よりも身近に存在する
「自分にとって必要な人」です。

実際、ボランティアなどで子どもに野球やサッカーを
「教えること」をいきがいにしている人は大勢いますよね。

「営業しかできないから、他ではつぶしがきかない」という言葉を
耳にすることもありますが、それは大間違いです。
その営業マンとして培った経験は、いろいろな場所で生きてくるはずです。

多くの人に会い、人の心を開き、信用を勝ち取るという技術は、
そうそう誰もが身についているものではありませんグッド!

母親になってから子育てが「仕事」になったから、
「子どもが好き」という自分の長所が長所で
なくなったと思うのは、まったく反対です。

子どもの扱いがうまいその人は、子育てに手を焼いている他の母親にして
みれば、「スーパーお母さん」なのですニコニコ

もし彼女たちに適切なアドバイスをしたり、
他の子の面倒も見たりすることができれば、
その人自身の評判もよくなるでしょうし、人間関係も深まります。

ますます長所に磨きがかかり、
そのおかげでその人の人生が豊かになっていく・・・

要するに、どんなに自分のことを、

「平凡な人間だ」
「取り柄のないつまらない人間だ叫び
と思っている人でも、何かしらの「非凡さ」をもっているのではないでしょうか。

自分の非凡さを必要としてくれる人は、必ずいるはずです。

むしろ、何でもすぐに上手にこなしてしまう非凡な人は、
周りの人から「あの人はあれくらいできて当然」とみられがち。

本人も自分への期待水準が高いから、
少しくらいできたところで充分な満足感は得られない・・・
ということもあるかもしれません。

ということで自分の中にある「非凡な部分」を、
今一度、見直してみてはいかがでしょうか?



人気blogランキングへranking

コミュニケーション能力向上を応援したい♪ 新宿アラサー男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス