Facebookでは折に触れ書いていたが、アベノマスクの余剰在庫を無償で配布しますという記事が出たとき、いそくみもオンラインで申し込みました。住所氏名、、平型(いわゆる昭和型)か立体型の選択、希望数(100枚単位でお申し込みくださいとあった)を記入、自由記入欄があり、「保管に困るようでしたらタオルなどにリメイクしたいので」と書いた。医療用途があるならそちらを優先してほしいという気持ちからです。

必須項目ではなかったはずだが、これが後々の仇になる。

 

中のガーゼは息子の怪我の手当てに、外側ははぎ合わせてタオルや布巾を作ろうと、千鳥がけの練習をしたりしました。ゴムは繋ぎ合わせて、二重にすればパジャマのゴム入替に使えるだろう…

しかしなかなか送られてこない。第7波が来たので医療用途に使われているのかな?と思っているうち、「配布を終了して余った30万枚再資源化」という記事が朝日新聞等に出てきたではないですか!

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6435756

再配布しても余ったって?住所不在で送れない人もいたと書いてあるが、オンライン申込みの場合送信履歴が残らないので自分は何度も確認したので、住所不備はないはず。

まだ届いていないのにそんな話ある?

 

翌日早速、厚労省マスク等物資対策班に電話問合せしてみました。

(続く)