決算特別委員会が始まりました。

最初の出番は企画総務領域で、議会の一般質問をさらに展開して

1)区民利用施設の一斉リニューアルについて

自治体DXの流れで(Digital Transformationの略がなんでDTじゃないんだと息子に聞かれ、即答できなかった母。夫婦で調べました)世田谷区の施設全体にFree Wi-Fiが使えるようにするという計画がありますが、トイレにいまだ和式が多くオストメイトは実質使えない設置方式だったり、畳の縁の色が変わっているようでは利用者は増えない。区民アンケートでは7割が知っていて、8割が使わないと回答している地区会館や集会所を、きれいに使いやすく改築する計画も、区民の意見を取り入れながら区庁舎リニューアル(400億円)と同時進行でやってほしいと提案しました。

また

2)ふるさと納税のメニューの工夫について

ふるさと納税で減収70億円の世田谷区では「地方にふるさと納税やめて」キャンペーンをしていましたが、国が認めている以上個人の自由。それより世田谷区のふるさと納税に魅力的なメニューを開発しようという意見も出てきています。

今回は、世田谷区出身で区外に転勤している人たちをターゲットに、「お墓の掃除、区内に置いている空き家の見回り、植木の手入れや区内にあるご実家へ家事支援サービス」や、かつてわりあい好評だった「世田谷の美術館パスポート」などで文化芸術ファンにアプローチしようと訴えました。

豪華返礼品競争には乗らないが、お返しが、世田谷に残した家や家族に役立つものだったり、世田谷に愛着を持てるものだとよいですよね。

 

#JKは古着で買ったG.アルマーニ。これは違うけれど、世田谷の古着や中古品は状態が良く、掘り出し物があると言いますね。