第一回区議会定例会が始まりました。もう4回目なので質問の作り方にはだいぶ慣れましたが、土日も夜もかかりきりで調べ物をしたり原稿を書くし、しんどいですね。終わったときは中高の定期試験の最終日のような開放感が味わえますが…

今回もテーマは3つ。

1)世田谷美術館の来場者がここ5年で18万人も減っていることと、いまだ写真撮影が原則禁止なことに言及し、SNS活用を提案。

今、2階の常設展は最近文藝春秋三月号に「日本の顔」で特集された染色家 柚木沙弥郎の作品がガラスキで見られますが、ほとんど話題になっていない。

https://www.setagayaartmuseum.or.jp/blog/entry.php?id=blg00112

 

2)世田谷区が共生社会ホストタウンに認定されたことに寄せて、街なかでの「みんなができる人助け」の推進

日本人は寄付やボランティアはそこそこするけれど、「見知らぬ人を助ける力」が世界最低レベルらしい。啓発キャンペーンへの提言。

3)区民健診の改善。

先日、初めて区の健診施設で健診を受けたら、健診着は紙製、いい大人が男女一緒の健診でびっくり。4月の梅が丘保健センター新規オープンに向け運用改善を求める話、など。

写真一つなく申し訳ありませんが、動画がアップされましたら改めてご紹介しますね。