土曜日、雨の中でしたが大蔵運動場・陸上競技場のリニューアルお披露目式典に行ってきました。オリンピック関連です。

息子がサラマンドラ(明正小サッカー部)時代、観客席があるだけでも上等の運動場だと思っていましたが…サッカー母の皆さん、ご覧ください。あのはげちゃびんだったグラウンドがこんなに立派になりました!

*端によけてあるサッカーゴールは昔お世話になったやつですね。我が子のシュートが入るよう、念力で動かそうとしました。

中央は天然芝、きれいにトラックが引かれ、観客席には屋根もついています。

オリンピック東京開催には懐疑的だったいそくみですが、こんなレガシーが残るならいいこともあるなあ…と思った。がしかし、よく聞くと国の予算ではなく、ほぼ世田谷区の持ち出しと、クラウドファウンディングの寄付によるものだそうです。

なあんだ、と思うべきか

世田谷区もやればできるじゃん、と思うべきか。

*ダンスのアトラクション(山野小)。このレーンは、これからチアも出来る競技場になったということ。(男子校サッカー部には縁がないが)

帰ってから息子に話したら「いいなあ~」と心底言っていました。

数年前、砂ぼこりを浴びながらプレイした元小学生と、SPF50を塗りたくり帽子とサングラスで防御しつつ応援した母たちには、この新しいグラウンドは特別な感慨を持って迎えられるでしょう(訪れる機会があれば)。

 

天然芝が美しく育つよう願っています。

数年後には再生エネルギー活用で、観客シートに暖房を入れたいと思いました。寒かったので。

 

AD