昨年まで2年間自治会の防災リーダーを務めていたことはこのブログでも触れていました。今年は同じブロックの若いママさんに引き継ぎましたが、区議になった年でもあり、周囲のお声もあり出席させて頂きました。

 

 行ってみると、以前より出席者が増えゆうに100人以上でしょうか。前回よりやや年齢層が上がったようにも思いますが、女性の割合が増え、ご夫婦での出席もあり、いい傾向です。

委員の方々から災害対策のプレゼンのあと、番地ごとに問題点を話し合い発表。どのブロックにも共通して言えることは

・9月1日、3月11日の安全確認掲示がなされているかの確認、どのブロックがどこまで担当なのかはっきりしていない。←4丁目ではゼンリンの地図上に赤線を引いて、リーダーは各々写真を撮って共有しました。

・管理組合のない集合住宅はこの活動に参加していない←ポスティングなどで情報提供、1軒からでも掲示に参加してもらうようにする。

・災害対策活動は世田谷区全体で行うものだが、自治会加入率が約50%の成城では、自治会に入っていない人を巻き込むのが難しい。←自治会に入っていなくても、途中からでもぜひ参加して下さい。自治会も年2400円でリーズナブルです。(週刊誌情報ですが、芦屋の六麓荘は自治会費年50万円とか?)

・一度リーダーになってしまうと、ずっとその人任せになってしまう。←あるある。発言者は70代くらいの方で5年間やっているとのこと。リーダー会は年2回ほど土日ですし、知り合いも出来て楽しいので、ブロック内でローテーションでお願いします。

 

その他全体プレゼンでは、

「世田谷区では感電ブレーカー(漏電による火災を防ぐ装置)の設置が進んでいない(横浜市、千葉市、渋谷区では助成あり)」

との指摘もあり、これは実態を調べ、必要なら設置に向け区に訴えていきたいと思います。

上が初期バージョン、下が現行品。掲示日や掲示方法が一目でわかるようになりました。

今年は事務所のある6丁目島田マンションにも掲示しようと思います!

 

AD