ひとときのときのひと

ひとときのときのひと

広告業界で鍛えたから、読み応えのある文が書ける。
外資系で英語を再開し、アラカンでも英検1級1発合格。
警備業界にいたから、この国の安全について語りたい。

そんな人間が、ためになる言葉を発信します。
だいたい毎日。



まずは英語から。

   資格は、ないよりはあった方がいい。それは間違いない。

 

 だから、「資格なんか役に立たないよ」というよく聞かされるセリフをもじって、「資格なんか役立ちます」というテーマ名にしています。

 

 ここでは、英検1級の取得メリットに関して、他の投稿とは少し別の角度から説明してみたいと思います。

 

  それは、いい意味で長文を読み飛ばせるチカラが身に付くということです。

 

 まず、英検1級合格のためには、10,000語から15,000語の語彙記憶が求められます。この単語力増強によっていままで未知の単語の羅列(られつ)だった文章が、前よりも平易に読みやすく感じられます。そして、当然スピードも上がっていきます。

 

 しかし、厳密に言うと、それだけではないのです。

 

 語彙力増強によってもうひとつ培われるのが、見慣れない単語についての「見切り力」。

 

 かりに未知の単語に出くわしても、英検1級受験勉強時に出会わなかったものなら、辞書など引かずにあえて済ましてしまう。そんな判断と決断ができるようになります。これが結構大きなメリットなのです。

 

 実際、英文を読むとき、日本人は何から何まで100%単語がわかっていないと、読み取れていないかのように錯覚してしまいがち。しかし、たとえば、大学入試に出るような現代評論文、の中にも、国語辞典を引かないとわからない日本語はいくつかはあるでしょう。

 

 そして、我々は無意識に読み飛ばしているのです。しかし、このように読み飛ばしても、読解力は決して大幅には損なわれないのではないでしょう。これと同じことが、英語でも「10,000語から15,000語の語彙」を身に付ければ起こせるのです。

  

 本当に読み飛ばすかどうかは別にして、何が重要な単語で、どれが本当に単語の意味を調べた方がいいものなのかを、選別する力が付くということ。そう言い換えてもいいかもしれません。

 

 仮にその対象となる文が読み飛ばしを許さない、たとえば、契約の文章だったとしても、どの単語から調べていくべきか、その優先順位付けの作業が容易になるということなのです。それによって、辞書に当たる時間も減り、より一層効率的に読みこなすことにつながります。

 

 英検1級1次試験(筆記)冒頭に出てくる語彙の問題に関して、「こんな語彙はネーティブにすら見慣れないものだ」とう意見があれば、他方で「いや、日常的に結構使われている」といった反論があるのをネット上で散見します。

 

 しかし、自分にとってはどちらでもいいことに思えます。もし、読者が受験生ならば、そんな「論争」を気にするのは時間の無駄でしかないのです。

 

 どうせ覚えなければいけないものは、さっさと覚えて、読む速さ、聞く速さを上げるのを楽しみにすることの方が何倍も重要です。ちなみに単語の↓覚え方については、こちらを参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 以上、英語の参考書には載っていないかもしれませんが、あなたの資格取得や英語学習の参考になれば幸いです。   


 

 ここでは、英検にこだわらず、もう少し広い視野から「ためになる英語」についての考えを共有していきます。

 

 今回は、アラカンで英検1級一発合格の自分が英語で道案内を殆どしない、そのワケについて説明してみます。

 

 現在、東京都内では多くの外国人旅行客が見聞を楽しんでいるのに遭遇します。

 

 時には、道に迷っているような外国人を見かけます。


 が、自分は、よほどのことが無い限り、道案内をしないようにしています。

 

 なぜか。

 

 理由その1:今やスマホで誰もが簡単に経路検索ができる時代だからです。

 

 大手町の複雑な地下道でさえ、スマホでどう行けばいいか。わかります。ましてや、地上にいて、わからないところなど殆ど無い状態です。現にほとんどの旅行者がスマホ片手に道を行っているではないですか。

 

 理由その2:日本人の「おもてなし」とか「親切さ」を押し売りしたくないからです。

 

 そもそもこの「おもてなし」とか「親切さ」とかは、どの国民、民族、どんな人にも尊ばれているものなのでしょうか?


 そこは、よくよく考えてみる必要があるのではないでしょうか。

 

 もちろん、親切にされてうれしくない人はいないでしょう。

 

 しかし、日本人が決めてかかっているほど、うれしく思っているとは限らないのではないでしょうか。


 もしかしたら、うっとうしく思われているかもしれない、そんな可能性があるかも、くらいの視野とか神経は保っておきませんか。

 

 そもそも親切とおせっかいは紙一重ではありませんか?


 自分では小さな親切と思っても、相手にとっては「うっとうしい」かもしれない。と、想像するくらいのバランス感覚は、持ち合わせておいたはうがいいのではないでしょうか。

 

 理由その3:旅の楽しみを奪いたくないからです。

 

 確かに道に迷うと、心細くなることはよくあるでしょう。

 

 しかし、苦労して苦労してやっと行き先がわかり、目的地に着いたときは、達成感があります。


 そんな「小さな冒険」の機会をさっさと見ず知らずの他人が奪ってしまうのは、ある意味、罪なことではありませんか。傲慢(ごうまん)とさえいえるかもしれません。

 

 理由その4は、外国人を英会話の練習台のように扱ってしまうかもしれないことへの危惧(きぐ)です

 これは、逆の立場を考えてみるとわかりやすいかもしれません。

 

 仮にあなたが旅行者としてソウルとかマカオにいたとき、いやニューヨークでもロンドンでもいい、日本語を勉強しているという初対面の外国人があなたにずかずか近づいてきて道案内を頼んでもいないのに申し出られたら、そしてずっと会話をねばられたら、どんな気がするでしょうか。


 また、タダで延々と日本語会話の相手をさせられてしまったとしたら、どんな気がするでしょうか。

 

 なお、よほどのことが無い限り道案内をしないのであって、全くしないわけではないのです。危機的と思われる状況に出くわしたときは、もちろん英語で手助けしています。ご安心を。

 

 以上、最近は自分が、英語で道案内を殆どしない、その理由を説明させていただきました。あなたの英語学習のヒントになれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここでは、英検に限らず、もう少し切り口を拡げ、「ためになる英語」について説明をしていきます。

 

「英語で仕事がしたいんで、いろいろやってるんすけど、いちばんの近道は、やっぱ、TOEICですかね?英検とかですかね」

 

 そう聞かれたとして、自分ならこう答えます。「英語屋」として過ごしてきた経験をもとに。

 

 「資格試験や英会話学校なんかにあまり長くこだわらず、さっさと英語の活かせる仕事に就くことをおすすめします」と。

 

 「いや、あのね、ほら、英語活かせる仕事就くには、まだスキルが足んないでしょう」

 

 そう返されたら、またこう告げるでしょう。

 

 「実際に自分の発した英語が相手に届くかどうか、相手の英語がこちらに伝わっているか、仕事が確かにまわっていくか。現場で冷や汗かきながら、もがくようにクリアしていくことが、外国語スキルアップには一番結びつく」と。

 

 そして、こう付け加えるかもしれません。

 

 「常に手を上げ続けていれば、ピンチヒッターのような形で英語の業務がまわってくるチャンスは必ずある」。

 

 「そんな機会一度もめぐってきませんでしたけど」とまた反論されたら、「それはそのチャンスの声かけを無意識に耳に入らないふりをしてきたんじゃないんですか」と返すでしょう。

 

 また、上司の声掛けや、転職の面接で英語に関する促しがあったとき、わざわざ「本当はそんなには英語できないんですけど」と口に出す必要は全くありません。

 

 頼む方も、「頼んでどうにかこなしてくれたら、儲(もう)けもの」くらいに思っているのですから。

 

 そう来るならこちらも「買いかぶられてありがとう」の気持ちでがむしゃらに進めばいい。遠慮は要らないのです。

 

 たちまち、今まで見たことのない景色が拡がります。

 

   以上、買いかぶられるようなチャンスは、手放さずにしっかり活かして英語上達する方法について説明いたしました。

 

 英語の参考書には載っていないかもしれませんが、英語学習の参考になれば幸いに思います。

 TOEIC900未満でも英検1級1発受かるかな~♪

 

   アラカンでも英検1級1発合格可能かな~♪

 

 実際、やってみたら、合格できました!

 

   しかも、留学なし、駐在経験なしで。

 

 そんな自分が、どうやって合格したかをご紹介しています。

 

 ここでは、英検1級の合格のためには、一見遠回りに思えるものの、実は日本語、現代国語の勉強が鍵となるという趣旨で説明をしていきたいと思います。

 

 既に↓でも申し上げたのですが、たぶんそれでは足らないと思います。

 実に参考となる本があるのです。

 

 それは、この本です。

 

 おいおい、おれは英検の試験を受けるのに、なんという筋違いの本を持ち出しているのだ?と不満にお思いになる方も少なくないかも知れません。

 

 早速引用してみましょう。こんな言葉が並んでいます。

 

…出題者は、制限時間の中で受験者の得点に差が出て合否がはっきりするようにしたいので、一問にあまり高い点数をつけず、ある長さの一文で、必ず問いを数問作らねばならない。しかも、問いの答えがダブらないようにずらす必要もある。それで部分でだけ読みを問い、結果「少々難しい部分を他の易しい部分で書き換える」類の問題が頻出する。

 

 いかがでしょうか。この分析は、いわゆる大学受験における特に評論・論説文についてのものなのですが、なんのことはない、もろに英検1級の長文読解にそのまま適応できるではありませんか。

 

 英検1級の長文読解は、確かに一見するとその長さや難易度の高い語彙に惑わされてしまいますが、何のことはない、最初から最後まで、段落段落ごとに選択肢が4つずつあって、それを読みながら解いていく。まさに「部分読み」で対抗できるものなのです。

 

 自分自身も多少は、選択肢の先読みはしたかもしれませんが、ただただ、部分読みにおける選択肢を選んで、二度読みはしませんでした(いや、ひとつだけ難度の高い長文があり、これはれいがいとしましたが)

 

 さらにこの本では親切なことに、「コード読み」というやや邪道の、しかし1発合格には欠かせない読み方も指導してくれますり

 

 どのへんが即効的で邪道かと言えば、要は、最近出題される文章のおおよその趣旨と言うか、文脈をあらかじめ頭に入れておいて、その知識をもとに問題に挑むというやり方です。

 

 これは、中途半端にやると、下手な頭でっかちな知識を頼りにし過ぎて、ろくにテストの本文を読まず、全然的外れの選択肢を選んでしまい、不正解となってしまうリスクもありますが、しかし、一度は押さえておく必要があるでしょう。

 

 その意味でも、英検1級ではたとえば世界の少数民族に関する評論とかが出たりするので、おおざっぱには世界の思潮がどんな傾向にあるかぐらいは押さえておいて損はありません。

 

 さらにそれがエッセイや面接の戦い方にも活きてくるでしょう。

 

  たとえば、少数民族問題といえば、歴史を進歩の歴史と見る「進歩史観」の逆、「反進歩史観」の視野からとらえなければ、その問題の実相が見えてこないもとして紹介しています。

 

 なぜなら、(以下引用です)

 

の歴史は「民族の滅亡史」に近く、その歴、」史を「進歩」と捉えることはとてもできないであろう。また、かつて世界の頂点に立った、スペインやポルトガル、オランダ、イギリスなども、いまやその座を奪われたので、歴史を「進歩」とは認めがたいであろう。

 

 実際、コード読みをするかどうかは別として世界じゅうの表論文がどんな思潮の中で書かれているかは、英検1級受験生は、おおまかにでも把握しておく必要があるとは言えるでしょう。

 

 この本では見逃せない三点目は、かなりの紙数をさいて「評論文を読むための最重要単語十五語の解説がされています。

 

 すなわち、「近代」「文化・文明」「普遍⇔特殊」「認識」「抽象」といった一見わかっっているようで、わかっていない、言葉の解説がされています。

 

 このあたりも、英語になるとわからないではなく、まずは日本語できちんと自分なりに用語の把握をしておくことが必要でしょう。
 

 以上、英検1級の1発合格に関しては、一見すると遠回りに思える「現代国語」学習の重要性について説明してみました。

 

 英検の参考書には記載されていないかもしれませんが、少しでも参考になれば、幸いに思います。

 

 

 ここでは、英検に限らず、もう少し切り口を拡げ、「ためになる英語」について説明をしていきます。

 

 さて、

 

 日本語における形容詞と連体修飾語の違いを説明をしてください。あるいは、動詞と述語の違いを説明してください。

 

 もし、そう聞かれたとき、あなたは説明できますか?

 

 特に英語、英会話の先生方にお聞きしたいのです。

 

 たぶん、きちんと答えられる方は相当限られていると予想しています。

 

 いや、中には本ブログ筆者以上に詳しく精密に語れるもいらっしゃるかもしれません。

 

 しかし、どうでしょうか?

 

 学生だろうが、英語やり直しの大人だろうが、このあたりをたいして知らずに勉強を進めていく。それは、障害にならないわけがないでしょうう。

 

 たとえば(レベルが低すぎるというご指摘もあるとは思いますが)

 

  私はこのブログが面白いと思いました。

 

という一文があなたの前にあったとして、形容詞はどれですかと言う問いを投げかけたとしましょう。

 

 即座に「面白い」ですと答えられる大人は、決して多くないのではないでしょうか。

 

 筆者があるときフツーの大人、英語を教えていた時、およそ8割が不正解でした。

 

 そんな状態なのに「不定詞の形容詞用法」など頭にすんなり入るはずがないではないでしょう。

 

 そもそも不定詞とはについてにしても、サクッと答えられますか?英検準1級以上くらいの実力がある方にしてもです。

 

 なぜ不定なのでしょうか?

 

 こんなに中学英語から何千回、何万回と聞いている、目にしているのに。

 

 ましてや分詞なんて言葉は日本語の文法にはない。particleの訳語でしかない。そのあたりの説明をきちんとしているでしょうか?

 

 そこで、申し上げたいのです。

 

 英語の実力が伸びないとすれば、まずはまずは日本語の文法の学び直しをすることがおすすめ。そこから一度やり直しましょう。

 

 また、英語、英会話の先生も、文法の説明をするときに、一度ここに立ち返ってみてはどうでしょうか?

 

 以上、英語の参考書には載っていないかもしれませんが、英語上達の落とし穴について注意喚起をしてみました。英語学習の参考になれば幸いに思います。