前回の役に立たない英単語はコチラ

 ↓   ↓   ↓  

【ゲゲゲの鬼太郎を英語で言うと】

 
 

カツカレーラブの
英語力200%UPコンサルタント、Stephen です。

 

 

いや、本当にカレーが大好き。

 

 

週に3回くらい食べるかなぁ

 

 

多い時は4回は食べる。

 

しかもカツカレー。

 

最近ではトッピングのないカレーは

受け付けられなくなってきている・・・(-_-;)

 

 

 

さて、昨日は堺にある

ちょっと有名なカツカレーを食べてみた。

 

 

きんしカツカレーの大盛り!

 

 

カツはもうでっかくて

しかもふわとろ卵が4つ分も乗っている(^^♪

 

毎日限定10食のみ!

 

 

 

 

 

で、カツカレーってなんとなく英語チックだけど

本当に英語なんだろうか?

 

 

 

「カレー」は英語。

 

それから「カツ」も英語っぽい。

 

 

 

じゃぁ「カツカレー」は
そのまま英語と考えていいのか??

 

 

実は「カレーライス」は英語では

curry and rice と言うんだ。

 

ただの curry じゃない。

curry rice でもない。

 

 

それから「カツ」も英語では少し違って

cutlet

 

 

だから「カツカレー」という

英単語は存在しないんだよね。
 
 
これを表現したい時には
curry rice with pork cutlet
というしかないんだろうね。
 
 
まぁ、日本のカレーは
国民食になったと言っても過言じゃない。
 
 
日本に住む外国人でも
日本のカレーが好きな人も多いし
このまま、SUSHI に続いて
Japanese Curry rice で売り出すと
海外でブレイクするかもよ!
 
 
 
Have a nice day!!
 
 
 
英語ができれば世界が変わる!
 
 

 

 

FB

 

 

 

 

▲1レッスン250円~のマンツーマンレッスン
詳細は画像を今すぐクリック!

 

 

▲「英語はおもしろくなけりゃ意味がない」

英会話スクールオーナー歴25年の Stephen プロデュース

詳細は画像を今すぐクリック