(90) 大聖易往とときたまふ ー心の目を開くと、見えていないということに気付かされるー | 新・坊主日記
新型コロナウイルスに関する情報について

新・坊主日記

2007年2月22日からブラジルの、サンパウロ別院でお仕事をする事になりました。
日本とは場所も言葉も文化も違うところですが、人間が喜怒哀楽の中で生きているのは同じです。
沢山の人たちに出会って共に学び合いたい!
坊主日記、2014年からはマリリア編に突入!

おはようございます。

今日はお彼岸永代経法要とマリリアの仏教会長のお父さんとお母さんの法事が勤まりました。コロナ騒動の期間で1日に二つ法事を行うなんて2回目くらいかもしれません。というかコロナでなくっても以前からそういうことは少ないのですが。

ともかく久しぶりに1日法事関係で忙しかったので懐かしい感覚を覚えました。妻のファビアも大活躍してくれました。

 思うにコロナになっても法事をする家族が想像以上においでになることに驚いています。土日には若い青年がお朝時にお参りに来ます。親鸞聖人の時代や今までにも戦乱の世の中、疫病の世の中をへて仏教の教えが栄枯盛衰の歴史の中で引き継がれていった理由がわかるような気持ちがします。今日のお彼岸にもそういうお話をさせていただきました。

 

それでは今日も一緒にお参りをいたしましょう!

 

 

正信偈 Shoshingue p29

https://www.dropbox.com/s/yzwfdyup0v4wxn8/gongyo-shu.pdf?dl=0

 

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓

https://goo.gl/iVwh85

登録してベルマークをクリックしてくれると毎日のYouTubeをアップしたらお知らせが届きます。

 

 

(90)

大聖易往とときたまふ

 浄土をうたがふ衆生をば

 無眼人とぞなづけたる

 無耳人とぞのべたまふ

 

 

大聖易往とときたまふ

シヤカ仏ナリ

ユキヤスシトナリ

浄土をうたがふ衆生おば

無眼人とぞなづけたる

マナコナキヒトヽナヅク

モクレンシヨモンギヤウノモンナリ

*クワンネンボフモンニヒカレタリ

無耳人とぞのべたまふ

ミヽナキヒトヽイフ

※観念法門に… ¬観念法門¼に引用はない。 ¬安楽集¼(上)、 ¬往生要集¼(上)に見られる。

 

Daishô iô-to toki tamô

Jôdo-wo utagô shujô wo ba

Mugen-nin tozo nadzuketaru

Muni-nin tozo nobetamô

 

O Grande Sábio (Shakyamuni) ensinou o método do fácil ir-nascer.

Quanto àqueles que duvidam da Terra Pura,

Ele os chamou de pessoas sem olhos para ver,

Ele os chamou de pessoas sem ouvidos para ouvir.

 

Shinran Shônin – Jôdo Wasan – Hinos de Louvor a Amida (Mida Wasan) baseados na essência de diversos Sutras.

Rev. Wagner Haku-Shin / Shinshû Ôtani-Ha Apucarana Nambei Honganji

http://honganji.org.br

 

 

お西 オフィシャル

(90) 

O Nascimento é fácil de obter,' diz o Grande Sábio 

Os seres que duvidam da Terra Pura 

Ele os chama “homens que não têm olhos" 

E também “homens que não têm ouvidos". 

 

1 O Nascimento é fácil de obter 易往: No Sutra Maior, Šākyamuni diz que, embora o Nascimento na Terra Pura seja fácil de atingir, na verdade muitos poucos o atingem. 

 

2 Grande Sábio 大聖 : Refere-se a Buda Šākyamuni. 

 

3 Homens que não têm olhos, homens que não têm ouvidos 無眼人 無耳人 :O Mokuren Shomon Gyo diz que as pessoas, em vez de praticarem e alcançar o Nascimento, seguem as noventa e cinco sendas erradas e que essas pessoas são chamadas 'homens sem olhos e ouvidos. 

 

感話

今日の感話では見えるということはどういうことなのか。聞くということはどういうことなのかを歴史上の仏教者を紹介しつつお話しさせていただきました。

仏教の教えは心の目を開いてくれる教えですが、親鸞聖人はその上で、見ようとしないし聞くこともない無明の私を救う法である南無阿弥陀仏の本願こそが全ての人々を真に目覚めさせると讃嘆されているのではないでしょうか。

 

それでは明日もまた一緒にお参りをいたしましょう。

チャオチャオ。

 

 

 

ご感想、ご意見お待ちしております。

 

SMSもやってます、リンク大歓迎

Bloggerブログ

 https://izushui.blogspot.com.br/

Twitter

 https://twitter.com/ishui

Facebook 

https://www.facebook.com/shu.izuhara

 

Instagram 

https://www.instagram.com/izushu/?hl=ja

 

人気blogランキングに参加しています 

1クリックをよろしくお願いします 

↓     ↓     ↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ にほんブログ村

  

こちらもよろしくね。

  
ブラジル(海外生活・情報)ランキング

\(^o^)/

 

フォローしてね!