「愛されたくはない」制作秘話&解説その1 | ロックなソングライター♪石山秀幸のブログ

ロックなソングライター♪石山秀幸のブログ

新曲「ラストチャンスを彼らに」完成!天にまします我らが父よ、この世は悪党ばかりでござる。


テーマ:

さて、旧作の解説も、まだ終わっていない中、

とりあえず、1回、新曲の解説をしてみたいと思います。^-^

 

・・・とか言いつつ、旧作の解説を放ったらかして、

新曲の解説ばかりするかもしれませんが・・・(笑)。

 

 

えー、まずですね・・・

 

僕は君の思うようには生きれない
 君の思うように生きるなら僕じゃない
 わかち合えない二人の明日

 

・・・ですが、これは、普通に恋愛の意味合いとしましては、

価値観の違いですとか、考え方の違いがあるということですね。

 

そして、もちろん、

多少は相手に合わせる努力も必要なのですが・・・

 

無理に相手に合わせるのなら、

それは、もう、自分ではなくなってしまう・・・ということです。

 

ですから、分かち合えないですよね。

二人に分かち合う明日は来ない、と。

 

ちなみに、なぜ、「分かち合う」を漢字にしなかったかと言うと、

別に漢字が分からなかった訳ではなくてですね・・・(笑)。

 

僕は君の思うようには生きれない
 君の思うように生きるなら僕じゃない
 分かち合えない二人の明日

 

これだと、最初の一文字目が全て漢字になってしまって、

字面(じづら)が良くないと感じたからです。

 

他の言葉も探しましたが、やはり、「分かち合えない」が

一番しっくり来たので、ひらがなにして対応しました(笑)。

 

そういう、一文字一文字まで、拘って書いています♪

一切、妥協は致しません(笑)。

 

さて、コメント欄をお読みいただいている方なら、

すでにご存じの通り・・・

 

この歌は一見すると、恋愛の歌なのですが・・・

 

実は、もう一つ、隠れた意味合いもございます。

それは何かと申しますと・・・・・・

 

実は、このブログでの出来事を歌っております。

 

どういうことかと申しますと・・・

 

えー、以前、よく来てくれていた人が来なくなったりですね・・・

 

よくコメントを書いてくれていた人が、

全くコメントを書いてくれなくなったりですね・・・。

 

私としては、非常に寂しく思っている訳ですが、

まあ、仕方ないな、と。

 

理由は、いろいろあると思うんですよ。

人それぞれ、考え方は違いますので。

 

その時は良かったけど、今の作品は好きじゃないとか(笑)。

もっと言えば、私の考え方が気に入らないとかね(笑)。

 

でもね、それは、お互い様であって、

私から見れば、「ちょっとなぁ・・・。」と思うようなところが、

その人達にもあったりする訳です。

 

でも、だからと言って、私は別に、

その人達を嫌っている訳ではないし、責めている訳でもありません。

 

ですから、この歌の中でも・・・

 

今までありがとう これからも元気でね
 君の思うようには生きられない僕だけど
 ほんの少しの間でも 君が支えてくれた日々を忘れない

 

・・・と、歌っているのです♪ ^▽^

 

これは、ほんの少しの間でも、コメントを書いてくれたり、

リブログしてくれたり、いろいろ、ありがとうね・・・ということです♪

 

たとえ、その人が去って行ってしまったとしても、

今でも感謝していることに変わりはありません。

 

少なくとも・・・・・

「お前のことなんか嫌いだ!」という人は、

現在の私には一人もいません。本当です。

 

まあ、ちょっとした、すれ違いだと思うのですね。

考え方の違いと言いますか。価値観の違いと申しますか。

 

その人には、その人の言い分があるでしょうし。

 

でも、仕方ないんです。

私には、その人が気に入るような生き方は出来ないのですから。

 

そして、その人が気に入るような曲は書けないのですから。

 

少なくとも、誰かの好みに合わせて、

曲を作るということは、そう簡単に出来ることではありません。

 

作詞家、作曲家の先生じゃないんですから。

ロックが好きな人もいれば、好きじゃない人もいます。

 

ですから、無理に聴いていただかなくていいのです。

その人には、その人の音楽の好みがあるでしょうからね。

 

ですから、「とびきりの笑顔で両手を振ろう Bye-Bye」なのです。

お互いを尊重して、笑顔でサヨナラしようね・・・ということです♪

 

そして、当然、私としては、少なからず残念な気持ちもあるので、

涙を拭って歩いて行こう」なのですね。(T-T)

 

その人達のお気持ちも解るのです。

まあ、人によって理由は様々だと思うのですが・・・

 

例えて言うなら、「8782 No.1」みたいな曲は好きじゃないとか(笑)。

 

なんか、怒ってるし、言葉遣いも乱暴だし、怖い、と(笑)。

そう思う人のお気持ちも、よく解ります。^-^

 

でも、私が、そういう歌を作るのは、

そういう歌の必要性を感じているからなのです。

 

やはり、同じような想いを持って生きている人達、

頑張っている人達の気持ちを代弁し、

共感してもらって、楽しんでもらいたいし・・・

 

ストレスも発散してもらいたいし・・・

 

もっと言えば、私の曲を聴くことによって、

ほんの少しでも自分の人生に希望を持ってくれたら、

作った本人としては・・・

 

そんなに嬉しいことはないのです♪

 

で、まあ、それ以外の方・・・。

 

コメント欄で、私と、ちょっと意見の食い違いがあったりした方。

そりゃ、人間ですので、当然、それぐらいのことはありますよね。

 

まあ、そういう人との対応は、さすがの私も慎重になります(笑)。

でも、別に、いつまでも根に持ったり、怒ったりはしておりません。

 

そんなことは、ちっちゃなことですよ(笑)。

私は、そんなケツの穴の、ちっちゃな男じゃありません(笑)。

 

ですから・・・

 

「また、普通に来てくれればいいのに。

 以前のように、また、

 コメントを書いてくれたらいいのに。

 そうしたら、こっちも応援できるのになぁ。」

 

・・・と常に思っています♪

 

でも、何か、その人達の拘りがあったりして、

「もう嫌だ!」と思われるのでしたら、それは仕方ないですよね(笑)。

 

それ以上は、私にも、どうすることも出来ません。

 

進み行く道は それぞれ 
 お揃いのシャツを脱ぎ捨てて行こう
」・・・なのです♪

 

あとは、こちらから、コメントに行かなくなったブログの方。

 

これは、大変申し訳ないんですけど、

どうしても、コメントしづらいブログというのも存在します。

 

「これ、なんて書いたらいいのかなぁ・・・?」というヤツですね(笑)。

 

そういう時、私は、少しは考えるのですが、

何せ、他にも、やることが、いっぱいあるので・・・・・

 

さすがに、いつまでも、その人のブログへのコメントばかりを

考えている訳にはいきません。><

 

努力はしますが、

どうしてもコメントする言葉が浮かばない時もあります。

 

さらに、無理をしてまで、自分の本心を偽ってまで、

その人に喜んでもらうような言葉を書きたくはないのです。

 

冒頭でも、お話しましたように、

私は、言葉には人一倍の拘りがありますので。

 

君の望み通り生きてく努力はしたけど
 ほかの誰かになってまで君に愛されたくはない

 

そして、それは皆さんの方も同じですよね。

 

逆の立場になったら、そういうこともあると思うのです。

私のブログにも。

 

お互い様ですのでね。^▽^

 

ですから、もし、そういうことなのであれば・・・

お互い、無理をする必要はないよなぁ・・・と思っています♪

 

 

まあ、そんな訳で・・・

 

今回はイントロのシンセ部分のコード進行を載せておきます。

これを載せるのには理由があるのです(笑)。

 

何度も、私のブログをお読みになられている方には、

その理由が、お解りになりますよね(笑)。

 

初めて、お読みになる方で、その理由をお知りになりたい方は、

過去の記事をお読みになってみてくださいね♪^-^

 

う~む、我ながら、

過去記事を読んでもらうための上手い作戦だなぁ(笑)。

 

      ※注釈:この辺の文章は、愛されなくても使いまわしです(爆)。

 

 

C   / G  / Am / Em 

F  /  C  /  G  /  C

 

 

最初のギターのリフとはコードが変わり、

サビのコード進行に近い感じになるのですが・・・

 

サビのコード進行とも、また少し変えています。

なんか、ある日、閃いたんですよね、このシンセのフレーズを。

 

当初は、間奏も、そのままいこうかと思ったのですが、

間奏部分はハモリで浮かんで来たので・・・

 

ギターでのツインリードにしました。

 

同じフレーズを間奏ではシンセからギターに変えて弾くというのも、

面白いかと思いまして。

 

しかし、このツインリードの制作には、結構、苦労しましたね(笑)。

その辺の苦労話は、また、次回以降に譲りたいと思います(笑)。

 

 

なんだかんだで、また長くなっちゃいましたね(笑)。

 

何卒ご容赦くださいまし♪ ^▽^


それでは、私の考え方が苦手な人と

私の曲が苦手な人以外の方は、

よかったら、また聴いてください(笑)。

 

あ、でも、面白いもので、この曲は、

ロックが苦手な人でも聴けそうな曲調なんです。

 

今までの私の曲が苦手な人でも

普通に聴けそうな曲調ですよね。

 

別に狙って、そうした訳ではないのですが、

自然にそうなりました。不思議なものですね♪

 

  ▼

 

 

 

今回も、お忙しい中、お読みくださって、

どうも、ありがとうございました!

 

次回も、また遊びに来てくださいね~!^▽^

 

 

つ・づ・く♪ 

 

 

▼ランキングへの応援はコチラをクリック

 1日1回有効です。毎日、応援してくださると嬉しいです^▽^

 

 ← 私が嫌いじゃなければ、ポチッとしてね♪
人気ブログランキング              
 にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ  ← はい、視力の検査。バナーをポチっと(笑)。
にほんブログ村                  

 

私の拙い記事を読んでいただき、

拙い歌をお聴きいただき、誠にありがとうございます♪

 

上記のランキングバナーをクリックされますと、

すばらしいシンガーソングライターさんが大勢おられます。

 

すばらしいロックも、いろいろ聴けます。

テレビでは聴けないすばらしい歌がたくさんありますよ!

 

それと同時に私への応援という形にもなります。

 

新曲を作ったばかりだからと言って、

油断は禁物です!><

あなたのクリックがメッチャ必要なのです!

今回の解説は、どうでしたか?

もし、「まあ、いいんじゃないの?」

・・・と思ったらクリックしてくださいね(笑)。^▽^

 

お忙しいところ、誠に恐縮ではございますが、

何卒、よろしくお願い申し上げます。m( _ _ )m

 

石山秀幸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス