昔々、寒冷地の東北地方では、綿や絹は大変貴重なものでした。

 

古くなった布を大切に大切に使うため、裂いて再び織ることで、新たな命を吹き込んだことが裂き織りの起源とされています。おねがい

 

今回、NPO法人 東北の造形作家を支援する会 心の復興にじいろぱれっと の取り組みとして、岩手、宮城、福島の人たちが作った1つ1つの裂き織り布を、1つ1つ つなぎ縫い合わせて1つの「みの」を作成しました。

http://www.soat.jp/nijiiro-palette-10954.html

 

 

サポステ有志も裂き織に挑戦!

 

 

機織り機のような簡易の道具を使って、裂いた布や毛糸を一折り一折り丁寧に編み込んでいきます。イエローハーツ

 

 

 

ねこも見守っています。猫

 

 

こちらは毛糸バーション↓

素敵キラキラキラキラ

 

 

 

こうしてできた1枚1枚をつなぎ合わせ、

 

 

 

 

「船」という1つの作品が完成しました ルンルン

 

作品は各地で展示されました。

 

 

PDF版↓

SOAT・にじいろぱれっと・こころの復興(表)

https://drive.google.com/open?id=1aNXxeiYRiYlRyNuen0IRBrlWjGFypjZ3

SOAT・にじいろぱれっと・こころの復興(裏)

https://drive.google.com/open?id=111T4pRMWEagywQNCQkUw24oWBZ5GNhZq

 

自分だけの布を作りたい!という方は、ぜひぜひスタッフにお声掛け下さいませ~ ハート

 

一糸を紡いでこころをつなぐ❤

石巻地域若者サポートステーション

***ホームページ***
石巻サポステだより ~就職と自立の相談室~
***facebook
ページ***
石巻サポステだより ~就職と自立の相談室~←クリック!