こんばんは、佐々木です。

 

今日は2回目ステップアップフォローとして、就職した方向けにブログを更新します。

 

仕事をしているといろいろな方がいて、戸惑う事もあることと思います。

いろんな人がいていろいろな考えがあるのが「世の常」無気力ピスケ

自分と合わない人に対応する術を伝授しましょうカナヘイハートカナヘイハートカナヘイハート

 

今日は「話し始めると止まらない、うんざりな人」

 

「この食材は・・・で、特徴は・・・・」

「そこのお店は品揃えが・・・で・・・・」

「大学時代・・・・を学んで誰よりも知識があって・・・・」

「高級車を購入して・・・・・・」

「こんな資格がある・・・あんな資格がある・・・」

「若いころは・・・・でこんな苦労をして・・・」

 

誰でもこんな経験をしたことがあると思いますが、自分が知らない知識を教えてくれる人は、本来話していてとても興味深く様々な発見をしてくれるものですが、それなのになぜか「疎ましく感じる」というのはなぜなのかカナヘイ!?

 

答えは簡単。

話をする人が自分の満足の為だけに話しているから。

自分の知識を披露したい、聞いてほしい、そんな気持ちを満たすためだけに話している場合、相手は聞き役の道具でしかなくなってしまいますカナヘイびっくりカナヘイびっくり

 

こうした人に多いのが、知識は豊富でも人生の豊かさに結びついていないタイプです。

様々な本を読んでいいる割には行動が伴っていない人に多いようです。

 

こんな時の対応として、

「あまり興味ないんでごめんなさい」てへぺろうさぎ

「いまやることがあるので」ショックなうさぎ

「・・・・に電話するのを忘れていました」(嘘も方便つながるピスケ

と言って切り上げるのが一番です。きちんと教えてあげることも優しさかもしれませんよねラブラブ自分の時間、仕事の時間を無駄にしないようにしましょうとびだすうさぎ2とびだすうさぎ2とびだすうさぎ2

 

 

 

 

教えてあげるのも親切ショボーン

石巻地域若者ポートステーション

***ホームページ***
石巻サポステだより ~就職と自立の相談室~
***facebookページ***
石巻サポステだより ~就職と自立の相談室~

 

 

 

 

 

AD