【役員貸付金で会社が倒産する?】 | 相続・不動産専門の税理士 石村満彦が節税の極意を社長と大家さんに伝授。新宿・船橋・千葉を中心に起業・独立支援、資金繰り支援。

相続・不動産専門の税理士 石村満彦が節税の極意を社長と大家さんに伝授。新宿・船橋・千葉を中心に起業・独立支援、資金繰り支援。

決算書・節税法でお金を残す3つの方法。決算書を見直すだけで30%以上節税に成功し、資金繰りを改善した方法を分かりやすい言葉で解説!

会社の経営者、自営業者の方に、ご視聴をオススメします。

 

 

みなさん、こんにちは。

税理士の石村満彦です。

 

 

会社を経営者していた親が亡くなった場合、

決算書で借入金を確認する必要があります。

 

 

会社の借入金を会社が親に返済していない場合

相続税が納税できない問題でてくる場合があります。

 

 

逆に、会社から無理に役員貸付金を回収すると、

会社が資金不足となり倒産しかねないからです。

 

 

役員貸付金や金地金、書画骨董の

評価の注意点を解説しています。

 

【役員貸付金で会社が倒産する?】

https://www.youtube.com/watch?v=sWY8T13hzho

 

 

ご視聴してみて、参考になったら、

【YouTube簿記学校】のチャンネル登録をお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCgQjvU3I9XwDnqh_v5EvZiw

 

 

よろしく、お願い致します。

税理士・行政書士 石村満彦

 

 

一緒にご覧になられると参考にとなる動画

【相続税10 税務調査の方法】

https://www.youtube.com/watch?v=coXpK3VipD8

 

 

【FreeBGM】

Book Bag - E's Jammy Jams-

 

https://www.studio.youtube.comchannel...