I want to get there but ...

I want to get there but ...

毎日楽しく充実した日々を贈りたい九工大生が書くブログ

こんにちは!
このブログを書いている現役高校生のコージです
趣味はバスケ・野球・パソコンの自作です
ツイッターもやってます

基本的にアメンバー申請は100%許可

でも内容を見て商用ブログと判断した場合は削除します

フツーに日記を書いてるなら許可
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

連絡


現在特に連絡はないような…あったっけ?
Amebaでブログを始めよう!
お久しぶりです。

無事2年にフル単で進級しましたよ。



最近は作曲に興味がありまして…



一曲こしらえたのです。

ベースの打ち込みの下手さw

ということで、お聞きください。

評価をくれるとはねて喜びます。

ようやくサムピングの練習フレーズが弾けるようになったので 次に進んでみました。

今回はプル!

1弦7フレットを小指で抑えるんだけど しっかり押さえれねぇwww

くっそ、練習してできるようになったる!


ベースとは全く関係ないんですけど アコギの話。

アコギは木の板が振動することで 共鳴して音を大きくするんだけども

この共鳴ってのがアコギの音を決めるのでございます。

単純に材によって振動のしやすさとかが違うし、

同じ材でも単板か合板(ベニヤみたいな感じで貼り合わせたもの)によっても音が変わるわけです。

で、アコギはよく音が成長すると言われます。

弾けば弾くほど、木材が振動を覚えるわけです

それによって、よりいわゆる"鳴る"ギターになるわけなのです。

で、何が言いたいか、 今のとこ、Eliothっていう表側の材だけ単板で、

かつ1万を切る破格のギターの方が

YAMAHA製の定価で9万弱のエレアコより鳴るのです。

エレアコが生鳴り抑え目に作ってある(ハウリング防止のため)といっても こんなに違うか!

って感じなのです。

ただ、YAMAHAはボディーが全て単板なので

必ず鳴るギターになる!

そう信じて、僕は今日もギターを弾くのです。


つまらない話をだらだらとすみません。


でも鳴るギターっていうのはエレキにも、というか木材で出来ている楽器全般に起こりうることらしいのです。

あなたのギターも弾きこめばFender・Gibsonのビンテージにも匹敵するギターになるかも…(笑)

Facebook見てるとギター始めた的なのをたまに見る。

僕も初めてもはや10ヶ月だけども

ギターって楽しいよね!!

ということで、ギター始めてみよう的なこと書きますw

んでね、ギターはじめるなら断然アコギのほうがいいと思うのよ。

特に「俺はバンドなんかする気ない」って人は特に。

エレキを初めて、凝りだすと

いいギターは欲しくなるわ、アンプは欲しくなるわ、エフェクターは欲しくなるわ・・・

最終的にケーブル類にこだわり出す人とか。


例えばよ、いいギターが欲しいと思って

B'zの松本さんが使ってるようなギターが欲しいってなったら

レスポールの本物(つまりGibson製)とか買うとウン十万。

charかっけぇ!ってなって同じアンプ欲しい!ってなるとアンプで70万

コンパクトエフェクターは1っ種類につき1万とか…

凝るといろんなものが必要になってくる世界なんだよね。


アコギはというと、ギター一本で完結。

例えば俺はmiwaが好きだけどJ-45っていうアコースティックギター界ではそれはそれは有名なギターを買っても

ビンテージ物ですら60万割ってる。

今普通に買おうと思っても20万とか。

こんなにいいの買わなくても

YAMAHAとかで普通に10万とかでむちゃくちゃいいのとかある。

たとえば、予算が5万とかとしても

5万でギター一本買えばいいのか

ギターとアンプどっちも買わないといけないかだと、

やっぱ質も変わってくるじゃない。


アコギの問題といえば、大きな音。

消す手段としては弦に何かをつけるとかしかできないのは問題。

エレキはヘッドフォンアンプとかあるからそこまで問題はない。

環境の問題も少しある。


少し注意しておきたいのはアコギとエレキっていうのはニュアンスの違う楽器。

うまい喩えが見つからないが、ピアノとキーボードみたいな感じだろうか。

同じように弦6本だし、同じチューニングだけども

ニュアンスが違う。


エレキも楽しい楽器であることは間違いない。

エフェクターで様々な音が作れる。

でも、結局一人で弾くには少しさみしい楽器である。


ということで、僕はアコギを推薦する


アコギはエレキに比べて太い弦を使うので

抑える力が多く必要になるけども

もしエレキに手を出した時には楽に抑えられる。

エレキ→アコギだとエレキでも最初指が痛くなったのに

アコギに変えたら弦固くてまた痛い…と

二回苦しむことになる。


ここで注意したいのが

どっちもしたいからといってエレアコを買ったり、

逆にフルアコとかセミアコと呼ばれるギターを買ってもダメである。

エレアコはアンプ出力はできるものの全くエレキとは違う音がする。

フルアコ、セミアコは名前と違ってエレキギターなのでアコギとしては使えない。


弾き語りがしたいならアコギの方が良い。


ギターを買うなら楽器屋に行って店員に予算と種類を言うといろいろ見してくれるし、

音聞かせてくれるし。至極いい。

「4万円くらいのアコギ」とか

「8万くらいのレスポール」とか

「○○っていうアーティストが使っている形のギター!とか…」


それでは楽しいギターライフを!