木曜日はマジッククラブの例会日でしたが、天候が甚だ悪い上に茨城県のコロナ感染者がほぼ毎日最大数を更新していて、出掛ける前向きな気持ちが萎えてしまい、Zoomで参加することにしました。6月時はPCのカメラがオフであったため、自分の姿が写らない状態でしたが、昨夜はバッチリ。四人の方の発表を拝見し、夫々の個性が伴うマジックに感動しきり(但し…内輪のことなので写真の掲載は控えます)。

 

そんな訳で、その日は昼食と夕食の食材をスーパーで買うべく近くのエスカードビルへ。入口に先月オープンしたコリアマーケット(K-Mart)に立寄り、韓国焼酎と辛カップメンを買ってみました。そこでの初買いで、袋に入った“サムゲタン”も置かれていましたが、昨日はスルー。早速昼に辛カップメンを食してみる事に…しかし注ぐお湯の量や完成時間の数字が見当たらず適当に調理。食味は強烈な激辛で、多分二度と買うことはないでしょう。

 

今居る別宅から徒歩二分程の所に、「韓国家庭料理」の看板を掲げた“Dining Bar Anna”と云うお店があります。翌日開店前にガラス戸の中に書かれたメニューを見ると、“サムゲタン”一人前千二百円と書かれていました。この店は前からあることは知っていましたが、一人で入るもの寂しい感じがして入店歴は無し。暑気払いにサムゲタンなどの韓国料理を食そうかと~!。

 

隣国の技術顧問をしていた折に飲んでいた銘柄とは違います。

 

飲んでいたのは20度で16度ならストレートでイケそう。

 

四年半も隣国に関わっていたのに一文字も読めません。

 

粉の出汁と油は後入れと勝手に判断。

 

見るからに辛そうで”辛”の具材も、食べたら超辛でした。

 

看板はスッキリしています。

 

”アンナ”の店名が気になります。

 

”サムゲタン”一品では寂しいので、もう一品を目で物色。