石川かおるのブログ
  • 19Oct
    • <ターニングポイントは風の中で>  疲れたら笑顔でひとやすみ

       毎日、時間に追われているママさん。スケジュールもびっしりなのでは?家事もコマ目にスケジュール化しているのでしょうね。私も同じタイプです。洗濯のスケジュールからキッチン掃除のスケジュールまで、小刻みに。ですが、頭の中だけに記録しておくことにしています。スケジュール管理として家事を入れてしまうと、「追われた感じ」がするからです。埃では死なない、と昔、先輩によく言われました。その日のうちにすべて合理的に進めておきたい性分。今でも、冷蔵庫のストックは計画的に使い切りたいので、余計な1品を作ってしまって、野菜が足りなくなるようなことが嫌なタイプです。だからこそ、頭の中だけにの予定表にしておきたいのです。頭の中であれば、いつでも書き換えられるからです。疲れすぎて笑顔が無くなるよりは、「自分流の臨機応変」が大事です。

      3
      テーマ:
    • 早めの夕食でエネルギーチャージ

      平塚から帰り、頭がビジー状態。今日は昨夜の分も体を休めなくては。ということで、早めの夕食にしました。18時過ぎに食事が終わっているなんて、息子が保育園の頃以来かも。 私のエネルギーチャージは大掃除。家中の掃除とクローゼットの掃除。これで頭を切り替えて、よく寝て、早起き。明日は頭を切り替えて、仕事に没頭します。 掃除好きのママさんは結構多いと思います。気分いいよね。 どうも母の様子がおかしい・・・・。まずいです。土曜日は必ず電話しなくては。母さんが動かなくなっている気がします。ボーッとしていて1日が終わっていると、認知症が進んでしまうのですが・・・。かといって、今までのように豆に連絡をしていると、こちらももたないし・・・・。介護は難しい。自分の時は・・・と思うとつらくなりますね。 札幌センターは、今日も順調。秋から冬へと向かう札幌。体調に気をつけて。今日もありがとう。

      3
      テーマ:
  • 18Oct
    • <ターニングポイントは風の中で>    ターニングポイントマネジメントの発動

       私は、今、何度目かもしくは十何回目かのターニングポイントを迎えています。いよいよ大きな企画のとりまとめを息子に委ねることにしました。働き続けるママから女性となり、マネジメントをする立場になり、それでも子どもとの付き合いは続きます。そのたびに思うことは、「子どもはいつまでも子どもではない。子どもの将来をみて、自分を知るのかもしれない」ということでした。子育ては私の中では、何よりも一番でした。子育ての基本的なことは手抜きせずに、思慮しながら取り組みたい、と思い続けていました。少しずつ、30年前の私に似た青年が動き出しています。だから、私も変わります。これからの生きる姿勢を変えようと思います。転機の種が発芽する音と熱が感じられます。今が、ターニングポイントマネジメントの発動です。

      テーマ:
    • 新大臣インタビューの定番は「~をしっかりやっていく」

      新しく復興大臣になった渡辺博道さんが被災地視察のことを話していました。まぁ、誰が話しても同じですが、「~をしっかりとやっていく」という言い方は意味不明ですね。国民はその「しっかり」を「何をどのように」なのかを知りたいのに。 いつもながらのインタビューにむなしさを感じながら、今日は原稿執筆に追われる1日。息子に昼夜の食事を作ってもらいました。ありがたや。おかげで、なんとか目標ページまではいけそうです。現在、進行中(笑)。 明日は、午後から平塚へ。この数日、執筆で缶詰だったので、ルンルンでお打ち合わせに。お天気がいいとうれしいな。新宿から平塚までは湘南ライナーで直通です。これまらうれしい!グリーン券780円を購入して、らくちんに。その分のエネルギーをお打ち合わせに全力投球します! 今日は、なんとなく母のことが気になって、ここくまちゃんに4本、連絡メッセージをいれました。ちゃんと「既読」になっていました。今週末は必ず、連絡します! 札幌センターは、トラブルやなんやらと、忙しい1日。まぁ、これが通常ですね。それでも、何をすべきなのかを理解できているから、今の札幌センターはたくましい!今日もありがとう。

      テーマ:
  • 17Oct
    • <ターニングポイントは風の中で>  子どもの食事も家事も正しいことを信念とする

       ターイングポイントで決断したママさんは、きっと大きく羽ばたくために毎日を精一杯に生きていることでしょう。本当に素晴らしいことです。ただ、忘れてはならないことに、「正しいことを信念とする」というリーダーシップの考え方があります。子育て、家事をしながらも自分のことに集中できる能力はとても重要です。ですが、そのためには「正しいことを信念とする」ことが必要です。食事は楽しくできていますか?ママが作った食事をあなたの子どもはうれしそうに食べてくれていますか?面倒だからこれでいい、と思いながら作ってはいませんか?子どもを豊かな愛情と子育て期間に子どもたちが親から受けとめる感性はその子の人生を支配します。あなたにとって、子育てをしながら働くことの「正しいことを信念とする」のはどのようなことですか?

      テーマ:
    • 箱根好きにはたまらん!ブラタモリで箱根湯本福住楼

      ブラタモリで箱根湯本の福住楼が取り上げられていました。毎月、この建物の前を散歩するのがお気に入りのコース。ランチはお寿司の中村屋さんで「鯵のたたき」&「鯵・穴寿司」と決めています。もちろん塔ノ沢からの流れです。 いつも「歴史的な建造物だな」と拝見していましたが、素晴らしい建物、温泉ですね。これは宿泊しないわけにはまいりません。近々、まいります!! それにしてもNHKはいい番組が多いですね。私もいいお仕事をしなくては! 今日も母には連絡せず。ひたすらに余裕がありませんでした。(続く)です。 札幌センターは、忙しい中でも成果を目指す姿勢が素晴らしいね。このままがんばってほしいです!今日もありがとう。

      テーマ:
  • 16Oct
    • <ターニングポイントは風の中に>   クレームを呼ぶ人は転機の種に気づいていない

      転機の種を枯らしてしまう人の特徴に、お客様や仲間からのクレームが多い、というのがあります。クレームがあったときに、根本的な問題の存在に気付かす、もしくは放置してしまい、同じ過ちを何度も繰り返してしまうからです。ただ謝っているだけの「誤り上手」は何も解決していないのです。クレームの発生は、ある意味で転機の種が動き出している兆しでもあります。クレームになるということは、問題があるのです。その問題をどのように解決するか、その解決方法やプロセスに転機の種の発芽が左右されるのです。ましてや仲間からのクレームは、知恵袋や情報源を失うことでもあります。自分に向けられた不満に目をつぶらない習慣を。

      テーマ:
    • ロジックツリー活用でモヤモヤがスッキリ

      もやもやした小会議があり、イライラ。結局、遅い時間にロジックツリーを構造化したワークで検討。簡単に言うと、したいことの優先順位を決めて、その1つのゴールに対する解決策を探していきます。 おかげで、モヤモヤしていた話の筋が整理でき、求める解決策が見えてきました。その他にも、検討すべきテーマが見つかり、17日15時までに担当が報告をすることに。 ロジックツリーを使うと、冷静に阻害要因や主たるゴールを再検討できるので、本当にわかりやすくて、ストレスを解消できます。「これはどうするの?」「~だと言っていたじゃない?!」という不毛な会話を省力化できることはとても喜ばしいことです。 というわけで今日は忙しかったです。頭がお疲れです。月曜日からオーバーワークになりすぎました💦明日も忙しいですが、乗り越えるのみです!今週中に本の原稿が上がる予定です。かなりのハイピッチ。それでもやらなくてはね。 今日も母には連絡せず。ひたすらに余裕がありませんでした。 札幌センターは、着々とがんばってくれています。喉のケアが必要な季節になりましたね。フランキンセンスやユーカリなどのエッセンスオイルで加湿してください。今日もありがとう。

      テーマ:
  • 15Oct
    • <ターニングポイントは風の中に>   「思っていて」には「我」の強さがあらわれる

       転機を上手く乗り越え、新しいチャンスを手に入れるためには、多くの人との接点が大事になります。そのときに、自分の意志や思いの伝え方には注意が必要です。最近、「~だと私は思っていて、~です」という言い方をする人が多いようですが、これは好ましくない。「~だと思っていて」という言い方をは、その考えは盤石で、変わることがない、という頑固さを表現しています。さらにいえば、「自分の考え方は正しい」と自己主張しているようにも聞こえます。これでは、相手は「意欲はわかるが、その考えに固執しているならば、付き合うのは無理だ」と考えます。転機の種を発芽させるためには、水分も養分も日当たりも、柔軟にすることが大事です。

      テーマ:
  • 14Oct
    • できる風女子の「遠吠え」の何が悪い!!

       女性のみなさん、「できる風に自分の頑張り」はアピールしましょう。遠慮せずに! 「負け犬の遠吠えみたいだから、突っ張らない方がいいのにね」という友人の一言にイラつきました。やっと再就職が上手くいき、自分が何を認められたのかを懸命に話していた36歳の女性。確かに、「できる風」に見せていることも事実。 だがだが、それの何が悪い!!再就職までの道は険しかっただろうし、特段に実績という武器を持たない女性が、「できる風」に自分をアピールすることの何が悪い!そりゃ、あんたは夫婦で大きな税理士事務所をしているし、公認会計士で大学の授業もしているし、そりゃエライだろうよ。友人に噛みつきたい気持ちをこらえて、「できる風アピールは、自分への戒めなのだと思うよ。やり抜こうという気持ちの表れだとは思わない?」と。いいじゃない!他人に話しながら、自分を引き下がらないように仕向けるのだから。友人は「女性としての品格の問題よ」とあっさり。「女性の品格とは?」まっすぐに進むべき道を心に決めていることは、素晴らしく品格のある行動だと思うけどなぁ。ただ、30代あたりで「遠吠え」するときは、心に響くような言葉と音でして欲しい。そう思うところではあります。「私、わたし、ワタシ」と自己主張に終わらないことが大事です。がんばれ、30代! 今日も母には連絡せず。悩みましたが、母の心の中にある娘との確執を思うと触れることには勇気と寛大さが必要です。ですが、今の私にはそれがありません。もう少し、時間が必要です。 札幌センターは、来週から忙しくなります。みんなで力を合わせて、着実な実りを負いましょう。このところ、うれしい知らせが多く、とても幸せ。今日もありがとう。

      テーマ:
  • 12Oct
    • <ターニングポイントは風の中に>    win win に本気になれないことは危険

       男女を問わず、相手との関係でwinwinになれない人は、人間性や社会知性に不信感をもたれます。社会で、ビジネスで堂々と仕事をしていこうという気質がないと思われるからです。さらに言えば、相手に負担を強いることを当たり前のことのように考えていたのでは、誰もパートナーにはなってくれません。したがって、大きなチャンスが巡ってきても、誰の支援をも得ることはできないのです。そのことに気づかないうちは、転機の種は枯れるだけです。

      1
      テーマ:
    • 有働さん、どうしたの?ニュースが聴きたい

       豊洲移転のニュースでの有働さん、残念すぎました!「豊洲に変わって、お魚は変わりましたか?」という質問は愚問すぎます。しかも、2回も同じ質問を。「ですよね」とわかっていながらもその質問。いただけません。 せっかくオープニングは躍動感が出てきたのに、中身がバラエティー。この時間帯は、ゆっくりとニュースを見れる唯一の時間なので、もう少しニュースにして欲しいな。このあたりがNHKの桑子さん、有馬さんのコンビとは違うところなのでしょうね。  今日もしっかりとお仕事を仕上げました。明日は追い込みです。ファイト! 今日も母には連絡できず。いや、しないと決めたような。いくつになっても母子は頑固な関係です。母の頭の中を理解ができない。そりゃそうですよね。たった18年しか一緒に暮らしていないのですから。一緒に生きて来なかった親子には、親の介護は難しいばかりです。いささかギブアップ気味。同様に弟もですが(笑) 札幌センターは、待ちに待った成果が出たようです!うれしい!そしてありがとう。

      テーマ:
  • 11Oct
    • <ターニングポイントは風の中に> 「何ために」が明らかではない仕事の評価は?

       評価は期待できません。「何のために」が明確でなければ、評価の基準もないからです。成果もプロセスも何も評価されません。こういう仕事が舞い降りてきたときは要注意です!悪い転機の予兆である可能性が高いのです。道筋の立たない仕事の仕方をすると、周囲から同様の仕事を依頼されることが続きます。それは、「頼みやすい」からです。つまり、評価のない仕事でもやってくれる人、というレッテルが張られるようなものです。そうなってしまったら、良い転機の種は舞い降りてはきません。ならば、自分で道筋を作ることです。

      1
      テーマ:
  • 10Oct
    • 横綱ではなく横網公園なのです!

       両国でお仕事。今日は安田邸公園から横網公園に観光客らしき方が大勢。恥ずかしいのですが、ずっと「よこづな」公園だと思っていましたが、実は「よこあみ」公園なのです。白い大きな建物があるのですが、「大相撲関連の建物」だと思い込んでいました。 それがなんと、関東大震災や東京大空襲の慰霊堂だったとは知らず・・・。お恥ずかしい限りです。公園の中には関東大震災での熱風で溶解した丸善ビルの鉄柱が残されているそうです。いつも急ぎ足で通り過ぎてしまうので、次回は公園の中を歩いてみようかと思います。両国は興味深い街です。いつも立ち寄る「赤酢寿司」のお店にはランチで立ち寄り。いつもながら、「赤酢」は上手い!の一言です。今日も汗だくの1日でした。 今日も母には連絡できず。う・・・・今日は余裕がありません・・・。 札幌センターは、このところ目標達成への取り組みがいい感じです。みなさん、ありがとう。そして明日もよろしくお願いしますね。

      テーマ:
    • <ターニングポイントは風の中に> とことん理解する、とことん追い込む

       意思が弱い人は、そもそも「転機」にも気づきません。ですから、静かではあるが変わらぬ日々を過ごしながら、突然の嵐のような「転機」に驚くばかりになります。中途半端はよくない、そのことを毎日心に言い聞かせています。まぁいいや、では何も得るものはないのです。「とことん」理解する。「とことん」追い込む。これが「変わらぬ日々などはない」と思う人の意気込みです。それをしない人は、とにかく効率と生産性が悪いので、「やり直し」が多く、時間ばかりがかかります。それでは人生はあまりにも明るい日差しが差しません。

      1
      テーマ:
  • 09Oct
    • 礼儀正しい若いカップルに幸あれ!

       寝汗に仕事中の汗と、秋だというのに顔汗が止まらず・・・。まいります。ですが、好調に仕事を何とかこなしている状態。アイデアもスンナリと出て、いい感じです。かなりやる気スイッチが入っています。 それにしても、87歳が交通事故、中学生が自転車に乗っていて事故、など「事故大国」日本ですね。どちらも自覚の問題なのでしょうが、私たちの世代が「それをしてはダメだ」と明言しなくてはならないですね。 そう思うと、自分が親として人間として、どうなのよ?と思うばかり。少なくとも、子どもや高齢者に注意するならば自分も正しい行動をするしかないね。 たまに若い人たちと会話をしていると「礼儀正しい」と思うこともあります。行きつけの箱根の寿司屋さんで並んで待っていると、若いカップルがメニューを見ながら入ろうかと悩んでいました。「結構、ここは席が空くのは早いわよ。」と声をかけると、二人は「そうですか、ありがとうございます」と会釈付きで一言。言い夫婦になるわね、きっと。いい親になるわね、きっと。そんなことを思いながらのここ数日。 結婚かぁ・・・・・。周りは失敗している仲間が多いけれど、遠回りをしながら今はシアワセ、という人も多いです。しあわせを手に入れるには時間がかかりますね。 今日も母には連絡できず。う・・・・私も意地になっているかもね。 札幌センターは、新製品発売で忙しくなります。勉強も多いようですが、がんばれ!応援していますよ。いつも、ありがとう。

      テーマ:
    • <ターニングポイントは風の中に>  いつもは右、でも今日は左ができること

       ものごとが上手く進まず、想定外のダメージを受けることが続いているようなときには、選択の方向性を変えてみましょう。どうして、いつも右を選ぶのだろう?と考えてみることです。そこには、右に共通した、「使いやすさ」「実現しやすさ」という共通点があったりします。その「しやすい」が成功できない原因である可能性が高いのではないでしょうか。「しやすい」ではない方法を選ぶ理由があるかどうかを見定めて判断することです。この思考習慣が「転機の種」の存在に気付くことができるかどうかの分かれ目になります。

      テーマ:
    • 現場リーダーの負担が増えている!

       3連休。ゆっくりとしていましたが、頭が休まらない・・・。すぐになんやらかんやらを考えだしてしまう・・・・悪い癖です。そのせいか、寝ていても1時間ぐらいで目が覚めてしまいます。 疲れが取れないので、なんとかしなくては。 今日はいつもお任せしている美容室へ。Aさんがいつも「この時期は」というように計画を立ててカットしてくれます。その彼女が「ママさん勤務と若手は思わぬ反応がある。社会的に認められた権利が先に出てくる」というようなニュアンスの話になりました。 私も少し懸念しています。時短勤務も残業できないことも、ママさんにとっては致し方がないことです。ただ、状況をみて、協力するための準備や体制作りもしていないと、いつまでも子どもは小さいままではありませんよね。いつでも、「少しずつトライして、みよう」と思うことが大事。 それにしても現場のリーダーの負担が大きくなっている気がします。「主張」ばかりがまかり通っていれば、負担は偏ります。そういう理解も若い人たちやママさんたちにも理解してほしいですね。もちろん組織も現場の状況を把握することが必要ですが。 今日も母には連絡できず。悩みましたが、やめました。どうしてかな。気が進まない。 札幌センターは、穏やかな1日だった模様。地震が続いていますが、備えあれば憂いなしです!気をつけてね。いつもありがとう。

      テーマ:
  • 05Oct
    • <ターニングポイントは風の中に>      因果応報を黙って受けとめるな!

       因果というのは人生最大の「ブラックホール」のようなものです。暗闇の中から突然、動き出し、すべてを破壊します。ときには、その繰り返しが何度も続くことも。「どうして、私だけがこんな目に」という言葉はそういう場面で発せられるのでしょう。ですが、人生のブラックホールは「納得や理解ができない思いを持ちながらも、押しつぶされてしまった人たちの昔年の後悔の暗闇」です。そして、理解・納得をすることなく押しつぶされた人たちのことを「思い出して、もう一度理、理解・納得」をしてもらう努力を忘れてしまっていることを教えてくれる暗示のようなものです。因果応報を「致し方ない」と受け止めても、その「因」を断ち切らなければ、何度でも繰り返すのです。それは、「今までと同じ解決方法」を選択しているからです。よい転機の種にするためには、「違う道を選ぶ」ことです。

      テーマ:
    • 夜のウォーキング

      このところPCの前から動けない仕事が続いていたので、家族のお誘いにのって、夜のウォーキングに。秋冷の空気が気持ちよい夜でした。 急な思い付きなのですが、「スピーチライター」の仕事をしてみたいな、ふと思い始めています。文章を書くのは大好き。スピーチは長年の講師生活で培っております(笑)秋は冷静に自分を見つめられる時期なのかもしれませんね。もっともっと感度を高めて、魅力的な言葉と展開を創り出さなくては! 今年はじめて「シャインマスカット」を購入。自分へのご褒美です。それでも高額フルーツです。心して味わうことにします。 今日も母には連絡できず、です。週末に電話してみようかな。(再) 札幌センターは、少しずつ周知も落ち着きだしたようです。みんな、いつもありがとう。

      テーマ:
topbanner

プロフィール

石川かおる

自己紹介:
女性の「もう一度働く」を応援するマミーズペーパーの編集長。日めくりカレンダー「kitto hanas...

続きを見る >

フォロー

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス