ふたたび被災地へ

テーマ:
皆さんからお預かりした、支援物資、思いやりの心。

しっかりと届けて参りました、沢山の方々が喜んでくれています。

【 今回立ち寄った場所 】

岩手県陸前高田市竹駒町 細根沢仮設住宅 (物資・炊出し)

   陸前高田市 とうごう薬局 (物資)

宮城県石巻市釜谷 大川小学校 (供花・焼香)

宮城県石巻市雄勝町 大須仮設住宅 (炊出し)

   石巻市雄勝町 雄勝支所 (物資のほとんどはこちらで下ろしました)

   石巻市雄勝町 立浜仮設住宅 (物資)

   石巻市雄勝町 荒地区 集会所 (物資・炊出し・カラオケ)

   石巻市広渕柏木前 黒沢配管工業 (物資)

   石巻市雄勝町 森林公園仮設住宅 (炊出し・カラオケ)

   石巻市雄勝町 名振 (マザーミサンガ)


その他、郵便局のご協力を頂き各被災地へも郵送しました。
(カイロ・尿とりマット・整理用品・猫砂)
【 以下郵送先 】

福島県南相馬原町区本陣前

   福島市森合町 福島保育所

   福島市飯野町明治 動物保護施設第1シェルター (予定)

   福島市田村郡三春町 動物保護施設第2シェルター (予定)

   福島市杉妻町 福島県動物救護本部事務局 (予定)

   田村市大越町上大越 にゃんだガード救援本部 (予定)

   いわき市小名浜小湊

   いわき市小名浜岡小名

宮城県石巻市給分浜

   仙台市青葉区芋沢 (予定)

本吉郡南三陸町戸倉字坂本

宮城県気仙沼市南町 猪苗代病院

埼玉県久喜市菖蒲町(避難先の代理受取り) (予定)

物資不足

テーマ:
物資が不足してます。


以下は、富山さんのブログからの転用です。

一人では、なかなか集まらないと思いますので
みんなで一緒に集めませんか?


-------------------------------------------------------------------


大槌町大ヶ口で《夏服》が必要とされています。


●ニーズ
夏服

●対象年齢
中高生~20代

●サイズ
主にM~LL

若い子達が着るものが少ないようです。
中高生や、二十代の子達の洋服が足りないようでジャージばかり着ている子が多いそうです。

またズボンもないようです。

サイズはMからLLサイズくらいまであると助かるとのこと。


オシャレしたい年頃だと思います。

支援物資SOS

テーマ:
下記のブログを見てください。

物資が全く足りていないようです。
やはり日本全土が被災地への思いが薄くなってきているのでしょう。
まだまだやらなきゃ!
「できることを!」やりたくて・・・。
「できる人で!」やりましょ!
「できる分でけ!」水一本でも積もれば、ダムとなる・・・。?

まずは、
・水(2リットルペットボトル)
・アクエリアスなど(1.5リットルペットボトル)
・米
・レトルト食品
・ハエ・蚊 対策品(虫コナーズ・バポナ・はえ取り紙など)

一点ずつで結構です。
引取に伺います。
北海道石狩市から取りまとめて、送りたいと思いますのでご連絡ください。
まとめて送れば運搬費も安く済むと思い。

連絡はメールでもコメント記入でも可。


情報拡散も是非お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------------


LOTS災害支援プロジェクトの代表富山さんのブログより。

http://tomiyama.laff.jp/blog/

気仙沼物資募集
気仙沼某学校内の避難所と校庭に建てられた仮設住宅の方々が物資不足です。

合わせて約500名。

未だにパンとおむすびで何とかしのいでいらっしゃるそうですが、三食まともに
食べられていません。

お金が無く米も買えないのが現実で、随分と深刻です。

必要品:

・2Lペットボトルの飲料水(アクエリアス、水など)は飲み終わったあとハエ
取りに一番効果的なハエ取りペットボトルに変わるので必須。

・米
・レトルト食品
・出来たら温かい物を食べたいので炊き出し。

情報拡散並びに物資ご提供可能な方是非よろしくお願い申し上げます!

尚、本件は被災地全域の課題であり、内閣府に食糧配給の要請を被災地全域にお願いします。

ここで内閣府副大臣と議論したのですが、「自立を促す」というもっともらしい支配的な考え方が行政ならびに一般にも広まっていることが大きな障壁になっております。

農業と漁業が地場の産業である地域が被災したのです。

農業と漁業の復興には最低五年かかります。この五年の間に自立する手段がありません。

十万人以上が失業し、産業も仕事も無い中、自立を促すって何?

他の産業持って来ても、その仕事できひんよ。

収入無くて、仕事出来なくなって、ローンやリースの借金だけ残り、仮設は二年で出ろと言われ、家が無くなる不安があり、その中で物資配給が無くなる。

被災者は、親や子供や妻や夫をなくし、家や土地の価値まで無くし、仕事を無くし、お金もないんです。

物資配給の継続は必須であります。

自立とは自立が出来るような経済環境が整ってはじめて通用する概念。

今回の震災は普通じゃないんです。

未曾有の危機であり、通常の概念をもっともらしく持ち込んではいけない。

結果このようにSOSで緊急事態が連発する。

物資不足食糧不足が事実で現実。

猿知恵はいらんので現実直視が必要。