名古屋港管理組合 | 石井よしきのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

本日の午前中は名古屋港管理組合議会総会のため名古屋港へ。

 

名古屋港は19年連続総取扱貨物量全国1位の貿易港であり、またガーデンふ頭、金城ふ頭、中川運河等で親しまれる港づくりにも取り組んでいます。

 

しかし、昨年コロナの影響は港にも及び、令和2年の実績として輸出貨物量は月ベースで前年度比最大47%減、輸入貨物量で19%の減となっております。また賑わいも名古屋港水族館来場者数も臨時休館等の影響を受けて、令和2年度は92万人で対前年度比46%減少なっております。

 

このような現状下での6年ぶりの組合議員であります。身を引き締め1年間しっかりと努めさせて頂きます。