敬老の日 | 石井よしきのブログ

本日は敬老の日。長久手市でも敬老事業式典が文化の家で行われました。

1960年当時、男性の平均寿命は65歳、女性は70歳であったのが、現在では男性81歳、女性は87歳と約半世紀余りで男性は16歳、女性は17歳寿命が延びています。

それに合わせて、時代とともに映しだす年齢像にも変化がみられます。

例えば70年前に描かれたサザエさんの波平さんは54歳の設定であり、50年前に描かれた天才バカボンのパパは41歳の設定であります。

また、私とぼぼ同じ年では宇宙戦艦ヤマトの沖田艦長が52歳であったことに驚きを感じました。ヤマトもまた40年以上前に作られたものであります。

今や人生100年の時代。年齢は過去に比べてその容姿や考え方もが変わる中で、もはや生まれてからの記号に過ぎないのかもしれません。

何歳でも元気なうちは常に現役。今後とも、明るく元気に快活に家庭に地域に変わらぬご活躍を心より祈念いたします。