エアコン設置 | 石井よしきのブログ

テーマ:

只今9月議会開会中。


本日をもって4日間にわたり様々な議論が交わされた代表質問、一般質問が終了いたしました。

 

その中、長久手市でも署名運動が行われた空調施設整備の質問もありました。

 


一昔前と違って時代は大きく変わり、本年8月、名古屋市で観測史上初めての40度を超えました。


時代の変遷とともに、1998年の公立小中学校普通教室のエアコンの設置率は全国平均で3.7%であったものが、2017年には49.6%と設置率は約半分となりました。


ちなみに、全国1位は東京都で99.9%の設置率、2位は香川県で97.7%であります。設置率の低い県では5.9%という県もありますが、愛知県では35.7%と全国平均を下回る設置率であります。


その要因の一つは、空調設備は短期間での億単位の投資が必要で、しかもその後も永続的に電気代が固定費としてかかるため、設置の決断は市町の財政力によって変わってくるという事であります。

 

長久手市でも来年度の設置を目指していますが、


これは、空調設備に限った事ではなく、本来、子供の教育環境は国が責務として均一に整えて行かなければならないものであると思いますし、現実は市町により様々な教育環境の差異があり、子供たちはその与えられた環境の中で頑張っています。


県の役割をしっかりと認識しながら少しでもその差異が埋められるよう国に対しても働きかけをしっかりと行って参ります。









 

 

石井よしきさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります