石井鍼灸整骨院のブログ

石井鍼灸整骨院のブログ

京都・宇治にある石井鍼灸整骨院ー院長のブログ


テーマ:

私は京都府宇治市に来る以前、大阪府松原市で開業しておりました。

当時は骨格を中心に施術していましたので、近くの「放射線科」という検査に特化した病院で、機会があれば患者さんに全身のレントゲン画像を撮ってもらっていました。

ある日、首が痛いと訴えの患者さんの検査を依頼したのですが、レントゲン像の首の骨は全く正常でした。

ところが、腰の骨が誰がみてもわかるぐらい階段状にズレているのです。

びっくりして「腰は痛くないですか?」と問うたのですが、患者さんいわく、

「全く痛くない」とのことでした。


ある患者さんは膝が痛くて病院でレントゲン検査を受けたのですが、痛みの強い右膝より、痛くない左膝の方が変形が強いと言われたそうです。


このようにレントゲン像と患者さんが訴える苦痛が、比例しない症例を幾度となく体験しています。


腰椎に変形がある、あるいは腰椎の間隔が狭いといわれた数多くの患者さんが当院の施術で良くなっておられます。

しかしそれは施術で変形が治ったわけではありません。


先日もお伝えしましたが、骨の変形は「結果」であって「原因」ではないのです。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス