ワータ体質のための呼吸法 | 英国アーユルヴェーダカレッジ校長:山田泉がつづる毎日

英国アーユルヴェーダカレッジ校長:山田泉がつづる毎日

私の基本姿勢は調和です。人や自然と心を通い合わせ、心地よい状態を調和のとれた状態と考えています。森羅万象の変化に積極的に調和して、自らも価値を創造していく心とからだの成長日記をつづってまいります。

こんにちは、山田泉です。

 

 

 

前回は呼吸について書きましたね。

あれから“呼気”に意識してみましたか?

今回はワータ体質のための呼吸法について書きましょう。

 

 

ワータ体質以外の方にもストレスケアになるのが、

ワータ体質のための呼吸法なのです。

 

 

 

 

◎ワータ体質のための呼吸法

 

 

 

 

神経系の働きにかかわっているのはワータです。

ワータ体質のための呼吸法(ナーディーショーダナ呼吸法)は、

自律神経のバランスを整え、イライラや不安を解消する働きがあります。

 

 

安定と落ち着きが必要なワータ体質の方は、

ぜひ今日から取り入れてみてください。

 

 

 

ワータ体質の呼吸法は、次のように行ないます。

 

 

・右手の親指を右の鼻孔にあて、薬指を左の鼻孔にあてる

・人指し指と中指は眉間のあたりにおく

・まず親指で右の鼻孔をふさぎ左の鼻腔から息を吸ってとめる

・薬指で左の鼻孔をふさぎ、親指をあけて右の鼻腔から息を吐く

・次に、同じようにして右の鼻腔から息を吸い、止め、左の鼻腔から息を吐く

 

 

以上でワンセット。

左から始めて左で終わるのがポイントです。

 

 

これを4~5往復行います。

ゆっくりと、息の音が聞こえないように静かに行ってください。

 

 

 

 

左の鼻腔からの息は月に関係し、安定と落ち着きを。

右の鼻腔からの息は太陽に関係し、代謝や活動に関係する

 

と、考えられています。

 

 

左の息の通りがよくて右がつまっているのは、

副交感神経が優位な状態です。

 

右の息の通りがよくて左がつまっているのは、

交感神経が優位になっています。

 

緊張、イライラ、不安を感じているときは、

右の鼻の息の通りがよいはずです。

 

 

 

交互の鼻腔からの呼吸は、正反対の性質のバランスと神経系を整え、

心を穏やかにする効果があります。

 

 

このように、ワータの呼吸法で、ストレスを管理することができるのです。

 

 

 

ご自身の体質を知りたい場合は、

公式サイトにある体質診断テストをご覧くださいね。

 

 

----------------------------------------------------------------------

■□┓
□■ 総合プロ・セラピストコース2019年クラス募集中!!■□
 ┗:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2019年の総合プロコース、セラピストコース水曜・土曜クラス
募集中です!

 

≪校長 山田泉の個別無料説明会≫

入学をご検討の方は、山田校長の個別無料説明会へ!
実際にスクールにきて、雰囲気を感じてください。

HPや資料ではわからない疑問・不安を、山田校長に相談してみませんか?

あなたに合ったアーユルヴェ―ダの生かし方、
卒業後の仕事など、じっくりご相談いただけます。

詳細とお申込みはこちらです。

英国アーユルヴェーダカレッジ 校長 山田泉さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります