呼吸を意識する | 英国アーユルヴェーダカレッジ校長:山田泉がつづる毎日

英国アーユルヴェーダカレッジ校長:山田泉がつづる毎日

私の基本姿勢は調和です。人や自然と心を通い合わせ、心地よい状態を調和のとれた状態と考えています。森羅万象の変化に積極的に調和して、自らも価値を創造していく心とからだの成長日記をつづってまいります。

おはようございます、山田泉です。

 

 

 

私たちが無意識に行なっていることのひとつに

『呼吸』があります。

生きていると当たり前のようにする『呼吸』。

今回は、特に『呼気』に注目したいと思います。

 

 

 

 

◎吐く息を意識してみましょう

 

 

 

身体と心は深くつながっています。

呼吸を整えることは、

エネルギーのバランスを取るのに役立ちます。

 

 

呼吸をしっかりすることで意識を高めるとともに、


心とからだをリラックスさせることができるのです。

特に吐く息『呼気』に意識を向け、

心の悩みや不安、
身体の不調を

思い切り吐き出すつもりでしてみましょう。

 

 

それには、まず自分の呼吸をしっかりと観察すること。

疲れがたまっていたり緊張している時は、

呼吸は浅く、短くなっているはずです。

心臓の鼓動が速くなり、

同時に手足の先が冷たくなっているかもしれません。

経験のある方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

そこで、意識して呼吸を深く、長くするようにしましょう。

自律神経は自らコントロールすることができない神経です。

ところが、唯一呼吸によって意識的に調節ができるのです。

 

 

呼吸法は、

自律神経のバランスを整えるための身体とのコミュニケーション。

 

呼吸法によって、

自律神経のバランスを整えることを意識しましょう。

 

 

ワータ、ピッタ、カパのそれぞれを鎮静させる

3つの呼吸法があります。

できるだけ静かなところで、

1分でもよいので実行してみましょう。

 

 

 

呼吸は、基本的に鼻で行ないます。

鼻腔がフィルターの役割をしていて、


空気中のチリやホコリを遮断、温度や湿度を調整しています。

ですから、口だけで呼吸していると

いつの間にか体調を崩したり病気になったりします。

 

 

次回から、それぞれの体質に合わせた呼吸法を紹介しますね。






 

 

今日はまず、呼気に意識を向けて、

しっかりとふか~く吐いてみてくださいね。

思ったよりも気持ちがよいものですよ。

 

 

----------------------------------------------------------------------

■□┓
□■ 総合プロ・セラピストコース2019年クラス募集中!!■□
 ┗:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2019年の総合プロコース、セラピストコース水曜・土曜クラス
募集中です!

 

≪校長 山田泉の個別無料説明会≫

入学をご検討の方は、山田校長の個別無料説明会へ!
実際にスクールにきて、雰囲気を感じてください。

HPや資料ではわからない疑問・不安を、山田校長に相談してみませんか?

あなたに合ったアーユルヴェ―ダの生かし方、
卒業後の仕事など、じっくりご相談いただけます。

詳細とお申込みはこちらです。

英国アーユルヴェーダカレッジ 校長 山田泉さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります