石原順の日々の泡 

FX・株式・債券・海外先物市場
    四方山話


テーマ:

 

米国株の標準偏差ボラティリティトレードです。

 

明日のキラメキの発想で時間があれば、少し取りあげる予定です。

 

昨日は4時間足のチャートでしたが、今日は1時間足のチャートです。

 

標準偏差ボラティリティトレードはすべての市場とタイムフレームに拡張が可能(最適化をしないトレード手法)です。

 

 

 

画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 

●アムジェン(1時間足)

上段:ボリンジャーバンド(21)・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES

下段:新値3本足3LN_BRKのシグナル

 

 

 

●アマゾン(1時間足)

上段:ボリンジャーバンド(21)・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES

下段:新値3本足3LN_BRKのシグナル

 

 

 

●デュポン(1時間足)

上段:ボリンジャーバンド(21)・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES

下段:新値3本足3LN_BRKのシグナル

 

 

 

●アルファベット=グーグル(1時間足)

上段:ボリンジャーバンド(21)・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES

下段:新値3本足3LN_BRKのシグナル

 

 

 

●ネットフリックス(1時間足)

上段:ボリンジャーバンド(21)・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES

下段:新値3本足3LN_BRKのシグナル

 

 

 

●テスラ(1時間足)

上段:ボリンジャーバンド(21)・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES

下段:新値3本足3LN_BRKのシグナル

 

(出所:マネックス証券 米国株取引ツール トレードステーション)

 

 

*私の「標準偏差ボラティリティトレード」の最新手法マネックス証券のキャンペーンの当選者だけがトレードステーション(米国株バージョン)で利用できます。

 

私は1990年代のはじめにオメガリサーチ社の「トレードステーション」と「スーパーチャート」を使ってから、トレーディング環境が激変しました。

 

トレードステーションは、チャート分析ソフトとしては最もグレードの高いソフトです。

 

ラリーTVを見ていただくとわかりますが、ラリー・ウィリアムズもトレードステーションを使っています。

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

マネックス証券の

「石原順の今やるべき米国株と勝つためのトレード手法」

のDVD(非売品)が出来上がりました。

 
 
 
 

 

*私の「標準偏差ボラティリティトレード」の最新手法マネックス証券のキャンペーンの当選者だけがトレードステーション(米国株バージョン)で利用できます。

 

世界で最もエキサイティング!な米国株市場で「標準偏差ボラティリティトレード」が実行可能です。

 
 
 
 
画像をクリックすると大きく表示されます。
 
 
●バークシャー・ハサウェイ(240分足) 
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ・パラボリックS&R
中段:標準偏差(26)・ADX2LINES(8・14)
下段:新値3本足のシグナル
 
 
 
●アップル(240分足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ・パラボリックS&R
中段:標準偏差(26)・ADX2LINES(8・14)
下段:新値3本足のシグナル
 
 
 
●テスラ(240分足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ・パラボリックS&R
中段:標準偏差(26)・ADX2LINES(8・14)
下段:新値3本足のシグナル
 
 
 
●ネットフリックス(240分足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ・パラボリックS&R
中段:標準偏差(26)・ADX2LINES(8・14)
下段:新値3本足のシグナル
 

(出所:マネックス証券 米国株取引ツール トレードステーション)

 

私は1990年代のはじめにオメガリサーチ社の「トレードステーション」と「スーパーチャート」を使ってから、トレーディング環境が激変しました。

トレードステーションは、チャート分析ソフトとしては最もグレードの高いソフトです。

ラリーTVを見ていただくとわかりますが、ラリー・ウィリアムズもトレードステーションを使っています。

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

4月16日(福岡)のマネックス証券「トレードステーション」セミナーで、

『逆張りで大きな収益を上げている株式ファンドが抽出した珠玉の銘柄群』と称して、キャッシュフロー計算書に根拠を置く有望な個別株とスイング・トレードの方法を紹介しました。

 

 

 

 

以下は、マネックス証券の「トレードステーション」セミナーで取り上げた銘柄のなかのごく一部です。

 

私の周辺の投資家には「7の年の循環」から、4月中に以下の銘柄を仕込んでおくことを推奨していましたが、5月相場できれいなトレンドが発生しました。

 

 

●NYダウと<7の年の平均サイクル>(ラリー・ウィリアムズ作成)

今年のここまでのNYダウは概ね7の年の循環で動いている

Copyright © 2016 Larry Williams CTI Publishing. All Rights Reserved.

(出所:「ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2017」ラリー・ウィリアムズおよび国内代理店掲載許可をとって掲載)

 

ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(日本語版・動画・テキスト) 

1年間で1万ドルを114万ドル、11000%を超えるリターンを得た史上最高の短期トレーダーと称されるラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析。 私が参考にしている数少ないマーケット予測の一つです。(石原順)

 

 

 

ラリー・ウィリアムズのスペシャルレポート 

 

1万ドルの利益が期待できるマーケットをたったの100ドルであなたの手に!

 
 

 

株の長期的な買い場がそう遠くない将来に到来するでしょう。

 

 

 

画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 

●アドビシステムズ(日足)

上段:14日ADX

中段:26日標準偏差ボラティリティ

下段:21日ボリンジャーバンド0.6シグマ

(出所:ストックチャーツ)

 

 

 

●バイエル(日足)

上段:14日ADX

中段:26日標準偏差ボラティリティ

下段:21日ボリンジャーバンド0.6シグマ

(出所:ストックチャーツ)

 

 

 

●アルファベット(日足)

上段:14日ADX

中段:26日標準偏差ボラティリティ

下段:21日ボリンジャーバンド0.6シグマ

(出所:ストックチャーツ)

 

 

 

●NYダウCFD(日足) 

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ=赤のバンド
下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

 

出所:MT4 相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」)

 

 

 

標準偏差ボラティリティトレードは、すべての市場と時間枠(タイムフレーム)に拡張が可能である。順張りとオプション(ボラティリティ)の売りにも威力を発揮する。

 

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。