NYダウのボラティリティレベル 目先の相場は売られすぎだが、しばらくは注意が必要! | 石原順の日々の泡 ーFX・株式・債券・海外先物市場展望ー

テーマ:

 

 

NYダウのオプションボラティリティやATRはまだそんなに上がっていませんので、これから相場の動きがさらに大きくなる可能性はあります。注意が必要でしょう。

 

 

 

 

●NYダウ(日足) オプションボラティリティとATR

上段:オプションボラティリティ(赤)

下段:14日ATR(緑)

 

 

 

今年の相場は「保有」ではなく、「売買」の年。

 

今年の米国株相場は、2017年までのような<買い>一辺倒相場ではなく、売りが報われるミンスキー・モーメントが到来しそうです。

サクソバンク証券なら、米国の個別株の証拠金取引ができます。証拠金は2割程度で、レバレッジ5倍の取引が可能です。

こんな便利な取引環境は海外にはあまりないのですが、多くの日本の投資家がそれに気づいていないのが残念です。

 

 

サクソバンク証券

 

 

サクソバンク証券なら、米国の個別株の証拠金取引ができます。証拠金は2割程度で、レバレッジ5倍の取引が可能です。

 

こんな便利な取引環境はあまりないのですが、多くの日本の投資家がそれに気づいていないのが残念です。

 

 

 

参照:「資産運用に欠かせない米国株のトレード!個別株CFD取引の方法と有効なトレードテクニック」

 

サクソバンク証券

 

必見!「私たちはトレンドについていく」

 

 

 

 

サクソバンクA/S(Saxo Bank A/S)は、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く投資銀行です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FX·CFD·先物取引などマルチアセット対応のツールを提供し、オンライントレード業界を1992年よりけん引してきました。サクソバンク証券は、そのサクソグループの一員として、2008年の東京オフィス開設以降、世界基準のサービスを提供し続けています。

 

 

サクソバンク証券

 

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

石原順(西山孝四郎)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ