NYダウのエリオット波動・・メルマガのフォローアップブログを更新しました。 | 石原順の日々の泡 ーFX・株式・債券・海外先物市場展望ー

テーマ:

 

石原順のメルマガ「マーケットの極意」のフォローアップブログを更新しました。

 

12月6日

 

 

 

 

 

 

 


 メルマガ会員様ページ

http://www.panrolling.com/seminar/ishiharajun/mailmag/


からご覧いただけます。

 

(石原順)

 
 
 

『エリオット波動入門――相場の未来から投資家心理までわかる』

 
エリオット波動とは、ラルフ・N・エリオット氏による「市場の価格変動には一定の秩序が存在する」という考え方。

それは、フィボナッチ数列のもと、5つの局面(5波動の推進波)とそれに続く3つの局面(3波動の修正波)という8つの基本リズムを1つの周期として反復して繰り返されていく。
 
 

 トレードを始めたい人には、私がトレーディングのバイブルだと考える4冊の本を勧めている。


 まずはエドウィン・ルフェーブルによるジェシー・リアモアの自伝風小説である『欲望と幻想の市場』(東洋経済新報社)。


 次はマギーとエドワーズの共著である『マーケットのテクニカル百科 入門編・実践編』(パンローリング)で、20世紀前半に書かれたこの本の教えは今でも有効だ。


 3冊目のロバート・プレクターとA・J・フロスト著『エリオット波動入門』(パンローリング)は古典と言える1冊である。


 最後のジャック・シュワッガー著『マーケットの魔術師』(パンローリング)は優れたトレーダーのインタビュー集となっている。


 『欲望と幻想の市場』はトレーディングと株価テープを読むときの感情の起伏を描き出した非常に面白い読み物になっている。『マーケットのテクニカル百科』と『エリオット波動入門』は優れたリスク・リワード比率のトレードを仕掛けるための具体的かつ体系的な方法を紹介した本で、すべてのトレードを適切で思慮深く執行するための指針となってくれる。

最後に『マーケットの魔術師』は素晴らしい読み物で、この本に登場するほぼすべてのトレーダーが述べているとおり、大金を儲けるためにはまず間違ったときに失う金額を少なくするべきだという教えを学んでほしい。

 

ポール・チューダー・ジョーンズ)

 
 

あなたのトレード判断能力を大幅に鍛えるエリオット波動研究

 

基礎からトレード戦略まで網羅したエリオット波動の教科書

正しいエリオット波動を、正しく学ぶ

◆エリオット波動を役立ててください

エリオット波動理論を学ぶことで得られるのは、「今の株価が波動のどの位置にいるのか(上昇波動や下落波動の序盤か中盤か終盤か)」「今後どちらの方向に動くのか(上昇か下落か)」「どの地点まで動くのか(上昇や下落の目標)」という問題に対する判断能力です。
 

エリオット波動理論によって、これまでの株価の動きを分析し、さらに今後の株価の進路のメインシナリオとサブシナリオを描くことで、それらに基づいた「効率良いリスク管理に優れたトレード戦略」を探ることができます。そのためにも、まずは本書でエリオット波動の基本をしっかり理解して習得してください。

 

◆本書の特徴

  • エリオット波動の正しい知識が身につく
  • エリオット波動には「3つの基本コンセプトがあること」がわかる
  • エリオット波動には「5つの基本波形(インパルス、ダイアゴナル、ジグザグ、フラット、トライアングル)があること」がわかる
  • エリオット波動のルール(ほぼ守られる基本原則)とガイドライン(必ずとは言えないがそうなることが多い習性)がわかる
  • 実例(日経平均、ドル円、NYダウ)を参考にした、エリオット波動のカウントの仕方が学べる
  • エリオット波動によるトレード戦略(インパルスやダイアゴナルにおける戦略、ジグザグやフラット、トライアングルにおける戦略)が学べる
  • 独自の見解も盛り込んでいる
 
 
 
 

石原順のメルマガ「マーケットの極意」

 

 

 

 

 

 

 

 

●顧客限定サイトでフォローアップ掲載(不定期・週に数回)

マーケットの底流と先端で何が起こっているのか?市場の同期性をとらえ、マーケットの未来を予知する試み

1か月更新 PDF 2018年12月発売

本体 1,000円 税込 1,080円 

 

 

 

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません

石原順(西山孝四郎)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス