逆張りのポイントはどこか?アマゾン株の順張りと逆張り・・ | 石原順の日々の泡 ーFX・株式・債券・海外先物市場展望ー

テーマ:

 


アマゾン株の日足を見てみよう。現在、相場の方向性の強さを表すADXと標準偏差ボラティリティがピークアウトし、10月からの売りトレンドはいったん終息した格好となっている。



画像をクリックすると大きく表示されます。

 


●アマゾン(日足) 順張りの「標準偏差ボラティリティトレードモデル」
 上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ
中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)
下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ


出所:パンローリングカスタムチャート



それなら、押し目買いをしようというのが「イケイケドンドン」のミレニアル世代だ。ADXと標準偏差ボラティリティが低下中のトレンドレスなアマゾン株の現在の環境では、<逆張りの押し目買い>を狙っているのだという。


●アマゾン(日足) 逆張りの「ATRチャネルトレードモデル」
 上段:ATRチャネル・逆張りシグナル
下段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

出所:パンローリングカスタムチャート

 

 

 

●ナスダック100の過去20年間のシーズナルサイクル

年間を通して上げっぱなし・・10月半ばから年末までは急激な上昇となっている

出所:EquityClock.com

 

 

 

石原順のメルマガ「マーケットの極意」

 

マーケットの底流と先端で何が起こっているのか?市場の同期性をとらえ、マーケットの未来を予知する試み

 

 

1か月更新 PDF 2018年12月発売
本体 1,000円  税込 1,080円  

 

 

 

「理解や理論の相場」では遅すぎる。直感で「予想通りに不合理な相場」を察知する必要がある。

 

時代を先取りして独創的な視点で情報を発信します。


世界の為替や株価を動かす要因を分析し、資産を増やすための市場や商品、または自己防衛のための見解を明らかにします。

今なお現役ファンドマネージャーの石原順が、30年の運用経験を経て学んだ英知をタイムリーに学ぶことができます。

顧客限定サイトでは、目まぐるしく変化する情勢を読者にフォローアップします。

 

石原順のメルマガ「マーケットの極意」

は、マーケットテーマやファンダメンタルズ中心のレポートですが、メルマガ読者限定で、FX市場や株式市場の順張り・逆張り売買シグナルを掲載しています。

 

●顧客限定サイトでフォローアップ掲載(不定期)

 
 
●ポンド/円(日足)

上段:逆張り売買シグナル・ボリンジャーバンド(20)±2シグマ

下段:ストキャスティクス5.3.3・ADX(14)

 

出所:MT4・石原順インジケーター
 
 
 
●ユーロ/円(日足)

上段:逆張り売買シグナル・ボリンジャーバンド(20)±2シグマ

下段:ストキャスティクス5.3.3・ADX(14)

出所:MT4・石原順インジケーター
 
 
 
●ドル/円(日足)

上段:逆張り売買シグナル・ボリンジャーバンド(20)±2シグマ

下段:ストキャスティクス5.3.3・ADX(14)

出所:MT4・石原順インジケーター
 
 
 

 

当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

石原順(西山孝四郎)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス