過度の楽観は禁物の相場 円相場日足・1時間足のトレンドの状況  | 石原順の日々の泡 ーFX・株式・債券・海外先物市場展望ー

 

株の上昇に促される形でのリスクオン相場です。

 

「株もなんで上がっているのか、訳が分からない」という声が多く、後講釈的な上昇解説の「総楽観相場」になっています。

 

ですが、貿易戦争懸念後退などという過度の楽観は禁物の相場です。

 

買いトレンドが出た相場(通貨ペア)にはいくつか乗っていますが、その賞味期限が疑問の相場です。

 

リスクオンの賞味期限を決めるのは、人民元と上海株相場ですが、明日のレポートで取り上げる予定です。

 

 

 

 

 

マクロツーリスト(経済情報サイト)の編者であるケビン・ミューアは次のように指摘する。

 

「市場はアベコベの主張をしている。円は安全な逃避先ではない。資金調達用の通貨だ。 “リスク回避”相場ではポジションとリスクが解消される。したがって、円の売りポジションを解消しなければならない。そして、それが安全な逃避先という“認識”を与えている」

 

 

 

 

画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 

●ドル/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●ドル/円(1時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●ユーロ/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●ユーロ/円(1時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●ポンド/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●ポンド/円(1時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●豪ドル/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●豪ドル/円(1時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●カナダドル/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●カナダドル/円(1時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●トルコリラ/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●トルコリラ/円(1時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●メキシコペソ/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●メキシコペソ/円(1時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

出所:Custom Chart 

スマホアプリ「Custom Chartは、サクソバンク証券とパンローリングが提携して開発されました。

 

 

 

 

スマホアプリ「カスタムチャート」の正式版のリリースは2018年の年末を予定しておりますが、「DVD 石原順のボラティリティトレードシグナル」をご購入されたお客様は、7月3日リリースの「カスタムチャート」のiOSβ版(石原順の順張り・逆張りインジケーター搭載(有料))を数か月間無料で使用することができます。

 

 

アプリのダウンロードはこちらから↓

iOS版「パンローリング カスタムチャート」のダウンロード

 

本アプリの価格データは サクソバンク証券のものを利用しています。
電話でのサポートはしておりませんのであらかじめご了承ください。

 

 

SAXO系のシステムはサーバーが強く、約定力が高いと評判です。月曜日の取引開始時刻は早朝午前3~4時と他社より格段に早く、週末に大事件があったときもいち早く取引できます。

 

FXでは約160通貨ペアと銘柄数が非常に多いことも特徴で、同一画面でFXやCFDの取引が可能です。また、プロの為替ディーラーが利用する通常のオプション取引である「FXバニラオプション」が取引できます。

 

いまならお得なキャッシュバックキャンペーンを実施中。お早めに!サクソバンク証券

 

 

 

 

DVD 石原順のボラティリティトレードシグナル

 

【ライブ中継】石原順のフォローアップセミナー 9月26日(水)開催

 

 

●逆張りトレードのポイント(相場の転換点はどこか?)

●1時間足の順張りトレードのポイント

●米国株の売買と注目株

 

 

 

石原順の書棚

現役ファンドマネージャー石原順が個人投資家にお薦めする投資書籍。 

 

 

 

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

石原順(西山孝四郎)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス