トランプのテクノロジー株攻撃「反トラスト法違反の状況」 | 石原順の日々の泡 ーFX・株式・債券・海外先物市場展望ー

 

7月にフェイスブックやツイッターが1日で20%超の下げに見舞われた。そこからは、ハイテク株への警戒感も浮上し、もはやハイテク株なら盤石と言えなくなっている。

 

8月28日にトランプは、「グーグルやフェイスブック、ツイッターが極めて厄介な領域に踏み込んでいる」と発言した。民主党寄りのリベラル企業が多いIT業界をトランプは以前から嫌っているのだが、8月30日には、「グーグルなどのハイテク企業が反トラスト法違反の状況にある」と発言している。

 

【トランプ米大統領はアルファベット傘下のグーグルなど、テクノロジー企業がリベラルな観点を優先させているとの批判を強め、「反トラスト法違反の状況」 にあるかもしれないと指摘した。ただ、これらの企業を分割すべきかについては公式コメントできないと繰り返した。大統領は30日に大統領執務室でブルームバーグ・ニュースとのインタビューに応じ、「非常に反トラスト法違反の状態にあると多くの人が考えている」が、対象がグーグルやアマゾンやフェイスブックであろうと、「私は分割についてコメントしない」と述べた】(8月31日 ブルームバーグ 『トランプ大統領、グーグルやFB、アマゾンに「独禁法違反」の可能性』)

 

米司法省も「ソーシャルメディアが保守派の意見を抑え込んで反トラスト法(独占禁止法)に違反している恐れがある」とするトランプの批判に同調して動いている。昨日はフェイスブックとツイッターのCEOが議会で証言(グーグルは欠席)を行ったが、これを嫌気してハイテク株への下押し圧力が強まる格好となっている。

 

 

 

 

画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 

●ツイッター(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●フェイスブック(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●グーグル(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●ネットフリックス(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●アップル(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●アマゾン(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●テスラ(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

出所:Custom Chart 

スマホアプリ「Custom Chartは、サクソバンク証券とパンローリングが提携して開発されました。

 

 

 

スマホアプリ「カスタムチャート」の正式版のリリースは2018年の年末を予定しておりますが、「DVD 石原順のボラティリティトレードシグナル」をご購入されたお客様は、7月3日リリースの「カスタムチャート」のiOSβ版(石原順の順張り・逆張りインジケーター搭載(有料))を数か月間無料で使用することができます。

 

スマホとカスタムチャートがあればチャンスを逃すことなく、いつでもトレードできます。

 

そう遠くない将来に、カスタムチャートからサクソバンク証券に成り行き注文が出せるようになります。

 

 

 

FAANG株は簡単に売買できます。

 

サクソバンク証券なら、米国の個別株の証拠金取引ができます。証拠金は2割程度で、レバレッジ5倍の取引が可能です。

 

こんな便利な取引環境は海外にはあまりないのですが、多くの日本の投資家がそれに気づいていないのが残念です。

 

サクソバンク証券はFXはもちろん、日経225やNYダウなどの株価指数CFD、アップルなどの個別株CFD、債券CFD、コモディティCFDなど6,000銘柄の取り扱いがあります。

サクソバンク証券

いまならお得なキャッシュバックキャンペーンを実施中。お早めに!

 

 

 

 

 

参照:「資産運用に欠かせない米国株のトレード!個別株CFD取引の方法と有効なトレードテクニック」

 

サクソバンク証券はFXはもちろん、日経225やNYダウなどの株価指数CFD、アップルなどの個別株CFD、債券CFD、コモディティCFDなど6,000銘柄の取り扱いがあります。

サクソバンク証券のFXシステムはサーバーが強く、約定力が高いと評判です。月曜日の取引開始時刻は早朝午前3~4時と他社より格段に早く、週末に大事件があったときもいち早く取引できます。

 

FXでは約160通貨ペアと銘柄数が非常に多いことも特徴で、同一画面でFXやCFDの取引が可能です。また、プロの為替ディーラーが利用する通常のオプション取引である「FXバニラオプション」が取引できます。

 

いまならお得なキャッシュバックキャンペーンを実施中。お早めに!

サクソバンク証券

 

石原順の書棚

現役ファンドマネージャー石原順が個人投資家にお薦めする投資書籍。 

 

 

 

 
 
 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

石原順(西山孝四郎)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス